インターネットからのフランス18世紀研究



飯 野 和 夫




 このWWW ページは、名古屋大学言語文化部の1995年度特定研究の一部をなす報告「インターネットからのフランス研究」の一章を独立させたものです。インターネットについての基本的な情報は 「インターネットからのフランス研究」の方を参照して下さい。

 本報告で紹介するインターネット上のサイトについては、サイト名の色文字部分をマウスでクリックすると当該のサイト(ページ)に直接移ることができます。フランス語によるサイトに接続したら、Netscapeの場合には "Document Encoding [文書の文字コードセット]" を "Western(Latin1) [欧文(Latin1)]" と設定すればアクサン付きのフランス語を正しく表示します。なお、本編「インターネットからのフランス研究」のWWW ページの公開(1996年4月) 以来新たに加えた記述には (*)を付けました。文献への指示は、本編の末尾の「参考文献」欄の文献番号を [ ] 内に示しました。

 このページは不定期に部分的な更新を行っておりましたが、2006年11月を最後にそれも停止しています。1990年代後半に一定の役割を果たしたこのページも、その後の検索エンジンの発展により役割を終えています。内容のほとんどは現状に合わなくなっており、いわば史料として、ここに収録しています。
 飯野和夫ホームページの移転にともない、このページはまもなく自動的に新ページに切り替わります。ブックマーク、お気に入りなどの変更をお願いします。 (2015年5月追記)


[このページの公開日、1997年6月4日。最終更新日、2006年11月16日]


目次 (項目をクリックすると直接該当箇所へ移れます)

1. フランス18世紀関連情報サイト、電子テキストサイト
2. テーマ別サイト
3. 日本のサイト
4. メーリングリスト
5. CD-ROMなど










1. フランス18世紀に関わる情報や電子テキストを集めたサイト

(1) 人文系情報サイト

La Societe Francaise d'Etude du XVIIIe siecle[http://docsrvr.ish-lyon.cnrs.fr/sfeds/](*)
 世界の18世紀を総合的・学術的に研究しようと学問分野の枠を越えて横断的に組織された学会。国際18世紀学会(Societe internationale d'etude du XVIIIe siecle)のフランス支部を兼ねる。(2004年7月30日)

C18. Le dix-huitieme siecle electronique[http://www.c18.org/] (*)
 国際18世紀学会関連のインターネット・プロジェクトのホームページ。"Societies/Societes", "Events/Evenements" などのページで、国際学会関連情報、研究会の開催情報などを得ることができる。

Fondation Voltaire[http://www.voltaire.ox.ac.uk/voltaire_french.html]
 Voltaire Foundation のホームページ (フランス語または英語) 。国際18世紀学会ほかの18世紀関連学会についての情報、18世紀関連の研究会などの開催情報などを得ることができる。Voltaireの著作リストなどもあり、"Dictionnaire philosophique"の電子ヴァージョンも計画中。

Eighteenth-Century Resources on the Net[http://andromeda.rutgers.edu/~jlynch/18th/]
 Jack Lynch氏の手になるページで、インターネット上の18世紀関連の資料や情報源についてコメントを加えながら、リンクを設けている。18世紀の文学・思想関係の資料・情報源を網羅しているほか、本報告で触れることのできない分野 (歴史、芸術、建築、音楽) もカバーしている。結果的に英国・米国関係の資料が多いが、フランス18世紀研究のためにも利用価値が高い。

Voice of the Shuttle: Literatures (other than English) Page[http://humanitas.ucsb.edu/shuttle/litother.html#french]
Voice of the Shuttle: Web Page for Humanities Research[http://humanitas.ucsb.edu/]
 前者は充実した人文系情報サイトの中のフランス文学関連ページであり、後者はそのメインページ。メインページでは人文系諸分野が26に分けられているので、各分野について18世紀関連情報を探すことができる。


(2) 書誌情報を集めたサイト

 ボランティアの協力者によって集められた書誌情報が公開されている。すべての情報が網羅されているとは言えないかも知れないが、情報の新しさが魅力である。
 なお、書誌情報については、本編「インターネットからのフランス研究」第3章(7) 「書誌情報の検索をする」も参照のこと。

THE SELECTED READINGS PAGE[http://www.personal.psu.edu/special/C18/sr/sr.htm] (*)
 18世紀関係の研究書・研究論文、あるいは18世紀の著作の新版についての書誌情報。あらゆる分野を対象とし、分野別 (文学・歴史についてはさらに国別・言語別) に分類されている。
Page d'accueil de Benoit Melancon : Bibliographie du XVIIIe siecle[http://mapageweb.umontreal.ca/melancon/] (*)
 18世紀フランス文学を主要な対象とする研究書・研究論文、著作新版の書誌情報。上の SELECTED READINGS とは協力関係にある。
c18 Bibliographies On-Line[http://www.c18.org/biblio/] (*)
 上にもふれた国際18世紀学会関連ホームページ中のビブリオグラフィーのページ。18世紀の作家ごとに主要な書誌情報が "Selected Bibliography"としてまとめられている。


(3) 電子テキストを集めたサイト

 18世紀関係の電子テキストも次のような代表的なフランス文学サイトから入手できる。各サイトの内容については「インターネットからのフランス研究」第3章(1) も参照のこと。

ATHENA Auteurs d'expression francaise[http://un2sg1.unige.ch/www/athena/html/francaut.html]
 フランス語の電子テキストへのリンクを広く集めており、出発点として好適なサイト。

Gallica: Images et textes du XIXe siecle francophone[http://gallica.bnf.fr/] (*)
 「インターネットからのフランス研究」本編でもふれた Bibliotheque nationale の電子化された資料を公開する画期的サイト。当初はフランス19世紀を対象としていたが、"Gallica Classique" が新たに登場し、18世紀のフランスの著作の相当部分もカバーされるようになった。利用法など詳しくは本編を参照していただきたい。
 印刷刊行された著作については、多くは AdobeAcrobat などで表示するイメージ形式での公開だが、FRANTEXT(本編参照)に含まれるテキスト形式のものも入手できる。

Bibliotheque de l'ABU, Index des textes disponibles (par nom d'auteur)[http://cedric.cnam.fr/ABU/BIB/index.html]
 Bibliotheque d'ABU[http://cedric.cnam.fr/ABU/]
 オリジナルのフランス語電子テキストを集めたサイト。前者は作品へのリンク。後者はこのサイトのメインページ。

Introduction to French Literature Project (at The Center for Electronic Texts in the Humanities [CETH])[http://www.ceth.rutgers.edu/FRENCH/bienvenue.html]
 独自の電子テキストを集めたサイト。注がつけられているのが特徴。
 (*) このサイトは現在私には行方が分からなくなっている。消息をご存じの方はお教えいただければ幸いである。(1998年3月20日)


 18世紀フランス文学・思想関係の電子テキストに専門化したサイトには以下のようなものがある。

Enlightened Discourse: La Litterature francaise du XVIIIe Siecle[http://globegate.utm.edu/french/lit/century.18.html]
 18世紀フランスの作家のフランス語原文あるいは英訳の大小多くの電子テキストへのリンクを集めている。関連情報にもリンクしている。

Clandestine E-Texts From the Eighteenth Century[http://www.vc.unipmn.it/~mori/e-texts/] (*)
 イタリアの Gianluca Mori氏の手になる、18世紀フランス地下文学の電子テキストを集めたサイト。関連情報にもリンクしている。1996年末現在で収録されている作品は次のとおり。"Le Philosophe"(Du Marsais), "Traite des trois imposteurs", "Sentimens des philosophes sur la nature de l'ame"(Benoit de Maillet), "Histoire de Calejava"(C.Gilbert), "Origine des etres et especes"(Boulainvillier).

La Lettre Clandestine[http://lancelot.univ-paris12.fr/lc-som.htm]
 研究誌 "La Lettre Clandestine: Bulletin d'information sur la litterature philosophique clandestine de l'age classique" の電子ヴァージョン。地下文学関係の資料やテキストも含まれている。

 18世紀西ヨーロッパ関係の電子テキストへのリンクには次のようなものがある。

J. Lynch's list of E-texts[http://andromeda.rutgers.edu/~jlynch/18th/etext.html]
 上述のJack Lynch氏の手になる18世紀関係の電子テキストのリスト (著者名のアルファベット順) 。中心は英米の作家。思想家も Berkeley, Collins, Hume, Locke, Kant(英訳) らのさまざまな著作へリンク。フランス関係では、Rousseau (原文 3点、英訳 1点), Voltaire(英訳 1点) などへリンク。

Eighteenth-Century Studies[http://english.hss.cmu.edu/18th.html]
 Carnegie Mellon Universityの Geoffrey Sauer 氏によるリスト。18世紀文化・文学関係の資料や情報源へのリンクを著者名・サイト名などのアルファベット順に配列。テキストの中心は英国・米国の作家で多くの作品にリンク。思想家も Berkeley, Collins, Hume, Locke, Kant(英訳) らのさまざまな著作へリンク。フランス語の著作は英訳で、Leibniz, Rousseau, Voltaire など若干の作品へリンクしている。

Alex (A Catalogue of Electronic Texts on the Internet) (gopher)[gopher://gopher.rsl.ox.ac.uk:70/11/lib-corn/hunter]
Alex (www)[http://www.lib.ncsu.edu/stacks/alex-index.html]
 Alex (gopher) のメーンメニューから Browse Alex--->Browse by Date と進めば、時代別の電子テキストにアクセスできる。17〜18世紀のフランス関係では、Descartes, Rousseau, Voltaire の著作の英訳などを見つけることができる。


[目次にもどる]



2. テーマ別サイト

 この項では、本報告を公開した初期から掲げ、そのまま開設されているサイトをほぼそのまま掲げるにとどめる。

[作家別サイト]
The Pierre Bayle Home Page[http://www.cisi.unito.it/progetti/bayle/] (*)
 イタリア、Torino大学の Gianluca Mori氏の手になるページ。Bibliographie, News &Projects, Bayle on Toleration, Related sitesからなる。

[思想、哲学]
ARTFL Project[本編 3(1)参照]
 "The ARTFL Encyclopedie Project"の試験版や "French Revolutionary Pamphlets" のデジタルファクシミリ版が公開されている。

La Lettre Clandestine[http://lancelot.univ-paris12.fr/lc-som.htm]
 上の [電子テキスト] の項でも見た研究誌 "La Lettre Clandestine: Bulletin d'information sur la litterature philosophique clandestine de l'age classique" の電子ヴァージョン。

The Leibniz Gopher[gopher://itocsivm.csi.it/11/Leibniz]
 イタリアの CSI-Piemonte の Gopher サイトにある Leibniz関係の研究情報を集めたサイト。
G.W.Leibniz's Drole de pensee[http://www.znort.it/suiseth/drole/drole.html]
 ライプニッツの表題の小品の電子テキスト。

[演劇、美術]
Theatrales (French theatre resources)[http://www.er.uquam.ca/nobel/c2545/theatral.html]
 カナダのページ。17〜18世紀の "Le theatre de la foire a Paris" についての研究を読むことができる。
WebMuseum[本編 2 参照]
 "Baroque art", "Revolution and Restoration" などページがある。

[歴史、その他]
Voice of the Shuttle: History Page[本編 3(2)参照]
 上にもふれた Voice of the Shuttle の中のページ。"French"の項に "French Revolution"関係のネット上の情報がまとめられている。
American Revolution HTML Project[http://www.let.rug.nl/~welling/usa/revolution.html]
 アメリカ独立革命に関する大規模プロジェクト。


[目次にもどる]



3. 日本のサイト

 日本国内の18世紀フランス文学・思想に関係するサイトもいくつか設けられはじめている。

18世紀フランス研究会[http://www.rc.kyushu-u.ac.jp/~ao/18seiki/renraku.htm](*)
 18世紀のフランスを対象として、研究の活性化を図るための連絡網の構築を目指した研究会。(2006年11月16日)
日本18世紀学会[http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsecs/index.html](*)
 世界の18世紀を総合的・学術的に研究しようと学問分野の枠を越えて横断的に組織された学会。国際18世紀学会の日本支部を兼ねる。大会トピックス、学会ニュース、リンク集など。(2004年7月30日)

世善知特網旧殿(よにうとうねっとのふるごしょ)[http://www.furugosho.com/accueil.htm](*)
 「近代知確立の先駆者たち〜デカルトから百科全書派まで〜」という、フランスを中心とした西洋近代思想史研究の充実したページを含む。日本国内の西洋18世紀研究についてのポータルサイトとして利用できる。他に日本の院政期の研究ページなどもある。管理者は匿名だが、実は筆者の旧知の菅原多喜夫氏のページ。(2004年7月30日)
ジャン=ジャック・ルソーと音楽[http://www.osk.3web.ne.jp/~nityshr/jindex.htm] (*)
 内藤義博氏のページ。氏のルソー関係の論文 (日本語版とフランス語版) などが公開されている。

日本イギリス哲学会[http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsbp/] (*)
 ロック、バークリ、ヒューム、アダム・スミスなどが輩出したイギリス18世紀はイギリス哲学研究の主要な研究対象となっている。したがって、フランス18世紀を研究する上でも重要なイギリス18世紀についての日本での研究動向を知るためにこのページを利用することができる。関連リンク集も設けられている。


[目次にもどる]



4. メーリングリスト

 18世紀関係のリストとしては、使用言語は主として英語だが、次のようなものがある。自分の研究に有効かどうかは参加してみて判断するしかないだろう。なお、メーリングリストについては、本編第3章(4) も参照のこと。

・C18-L
 米国に本拠を置く18世紀研究の大規模なディスカッション・グループ。登録メンバーは1300人ほど (1998年 2月現在) 。配信されるメールは日に数十通に上ることもある。
(*) ホームページ[http://cac.psu.edu/~bcj/c18-l.htm]で登録のための情報を得ることができる。

・Society for Eighteenth-Century French Studies (SECFS)(*)
 この学会は主としてメーリングリストの形で運営されている。学会のホームページ[http://www.udel.edu/braun/personal/secfs.html]で入会 (登録) のための情報を得ることができる。

・C18-Studies
 イギリスを拠点にするリスト。本編第3章(3) でも見た The English Gopher of the University of Pennsylvania[gopher://gopher.english.upenn.edu] で、メインメニューから Literary &Other Listservers--->Eighteenth Century と進んで、登録のための情報を得ることができる。


[目次にもどる]



5. CD-ROM など(*)

 CD-ROMなどの形でフランス18世紀に関わる著作などが出版されている。これについては (株) フランス図書の目録 "Logiciels"や紀伊国屋書店の「CD-ROM総合カタログ人文・社会科学編」などを参考にするとよい。ここでは主なタイトルを紹介する。詳しくはこれらの目録をご覧いただきたい。なお、書誌のCD-ROMについては「インターネットからのフランス研究」を参照されたい。 [この項 1997年 7月]

・Corpus des OEuvres de Philosophie en Langue francaise sur CD-ROM
 1995. 1 CD-ROM. Michel Serre監修の "Corpus des OEuvres de Philosophie en Langue francaise"のCD-ROM版。ルネッサンス〜1914年のフランス語の哲学的著作全500 巻を収録の予定。初版は、現在までに冊子体で刊行済みの約100 巻を収録。以後、毎年1 回新版が刊行される予定。対応: Windows
・Voltaire Electronique1996. 1 CD-ROM
 Voltaire Foundation のヴォルテール全集のCD-ROM版。1968年から現在までに刊行された冊子体全巻と、未完テキストで電子化済みのものを収録。1996年初め刊行予定。以後、定期的に新版が刊行されることになっている。対応: Windows

・また、有名作家の有名作品については個別に電子化されたテキストが出始めている。Voltaireらの有名作品がCD-ROMやフロッピーディスクの形で刊行されている。詳しくは上記の目録"Logiciels" を参照のこと。

次に、フランス以外も含めた18世紀西欧の著作のCD-ROMを掲げる。
・The Continental Rationalists
1 CD-ROM. Descartes, Leibniz, Spinoza の主要著作。対応: Windows, Macintosh, MS-DOS
・The English Works of Thomas Hobbes
1 CD-ROM. Hobbes の主な英語著作。対応: Windows, Macintosh
・Philosophical Works and Selected Correspondence of John Locke
1 CD-ROM. 1823年刊行の哲学著作集第12版に準拠。対応: Windows, Macintosh, MS-DOS
・Locke-Berkeley-Hume
1 CD-ROM. 表題の 3著者の主要著作。対応: Windows, Macintosh, MS-DOS
・Complete Works and Correspondance of David Hume
1 CD-ROM. 対応: Windows, Macintosh, MS-DOS
・Immanuel Kant Gesammelte Schriften. Bd.1-13 der Akademie-Ausgabe auf CD-ROM
1 CD-ROM. アカデミー版カント全集「著作集」、「書簡集」。検索ソフト付き。対応: Windows

・Political Philosophy: Machiavelli to Mill
1 CD-ROM. 標記の範囲の政治哲学の主要著作。対応: Windows, Macintosh, MS-DOS

・Eighteenth Century Fiction
1 CD-ROM. 18世紀 (1700-1780年)の英国作家の代表的小説作品77編。対応: Windows
・Goethes Werke (Weimarer Ausgabe) auf CD-ROM
1 CD-ROM. ワイマール版全集 (1887-1919年、142巻) のCD-ROM版。対応: Windows


[目次にもどる]



The page's Web-Counter says that you are visitor number