日仏二国間セミナー グローバル化で変化する日仏の国家アイデンティティ、ジェンダー関係、社会格差

Français


日仏二国間セミナー
「グローバル化で変化する日仏の国家アイデンティティ、ジェンダー関係、社会格差」



#セミナー開催の詳細#

日時:2007年11月3日 9時30分~
           4日 9時~
場所:名古屋大学文系総合館
7階 カンファランスホール
   
セミナー開催にあたり独立行政法人日本学術振興会:
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
の援助を受けています。

プログラムのPDFファイルをこちらからダウンロードできます。

日本語版プログラム[pdf]

フランス語版プログラム[pdf]


MENU


セミナー開催目的

グローバル化についての分析の大部分は、経済が国内外に及ぼす直接的影響に集中し、海外への資本投資や頭脳流出、国内における資本の集中による 産業構造の変化等の用語によって語られてきた。しかしこのグローバル化が根本的に再編しなおす国内で問題になっているのは、国家のアイデンティ ティ、ジェンダー関係、社会格差などの絡み合いとその変化である。グローバル化は、まさに地球規模ではあるが、世界的にも国内的にも、変化が加 速されるところと、変化から取り残されるところがある。グローバル化を中心として、日仏それぞれの国内における国家のアイデンティティ、ジェン ダー関係、社会格差等の絡み合いと変化を詳しく分析していくのが、このセミナーの目的である。私たちは、個々の社会現象を分析するだけではなく 、社会科学系の研究者と人文科学系の研究者が、学際的に手を携えて、それら現象を社会・文化・歴史の中に位置づけて考察する。