コース概要

インターネットの世界的普及、情報技術の進展など、
人類の情報活動は質的・量的に大きく変化しています。
メディアプロフェッショナルコースでは、情報とメディアにあふれた社会で
リーダーとなる人材の養成を目的とし、以下の3点を特徴としています。

時代の変化に左右されない
高度な理論を学ぶ

情報メディアの進展やメディア社会の動向は激しい変化を伴うがゆえに、時代を超えて状況を分析できる高度な理論と豊富な知識が必要となります。当コースは、メディアをめぐる多様な理論や方法論を行使し、さまざまな研究アプローチを探りつつ、新たなメディア、新たな社会のありようについて分析、構想していきます。

理論と実践の両立をめざして

当コースは、中日新聞社、NHK、電通、東海テレビなどの協力で、これら企業から客員教授、講師陣を迎えた社会連携を柱にしており、インターンシップも取り入れています。新聞ジャーナリズム論、テレビ番組制作論、広告コミュニケーション論、新聞制作論、民間放送論などの授業も好評を得ています。また、2009年度より、東海エリアを拠点とする日本有数の企業の協力を得て、企業広報論をオムニバス形式に展開し、実務面での強固な教育体制も実現しています。このように、情報の的確な評価、創造・流通をめぐるさまざまな業務、効果的な情報コンテンツの制作と発信といったメディア社会において必要とされる専門技能の実習を通して、マス・メディア企業だけでなく、広くメディア戦略、広報などを担当できる人材を育成します。

グローバルにもローカルにも通用する
メディアのプロを育成する

当コースは国際言語文化研究科という世界に開かれた大学院のなかにあり、グローバル化に応じた授業が豊富であることも特徴のひとつです。企業は幅広い社会・文化の理解力と創造性を兼ね備えた人材を求める傾向にあります。日本だけに閉じたメディア状況について学ぶのではなく、広く世界的視野のなかで考えられる人材を育成します。また、東海地方でのインターンシップやプロジェクト実践など、ローカルな現場で経験を積むことができるのも当コースの特徴といえます。



学術誌『メディアと社会』

Studies in Media and Society

メディアと社会 8号(2016.3.31.発行)目次

  1. 1970年代東南アジアにおける日本の「経済支配」イメージの再検討 井原伸浩
  2. Language and Ideology in an English Civil War Pamphlet: A Study in Historical Media Discourse Analysis Edward Haig
  3. 斉藤潤一東海テレビ報道部長講演会「ドキュメンタリーの作り方」開催報告 河村雅隆
  4. アダム・ガーフィンクル氏(『アメリカン・インタレスト』編集長)講演会 “What Would Charles Evans Hughes Think ? ― or the ‘Pivot’ to Oblivion” 開催報告 井原伸浩
  5. グローバルメディア研究センター設立記念シンポジウム「グローバル社会と日本:戦後70年を超えて」開催報告 井原伸浩
  6. 伊勢志摩サミットと日本からの発信 滝崎成樹

メディアと社会 7号(2015.3.31.発行)目次

  1. Ideology and Propaganda in English Civil War News: A Study in Historical Media Discourse Based on the Thomason Tracts Edward Haig
  2. Something in the Air: A Study of Religio-Cultural Narratives of Optical Orbs in Thailand Senjo Nakai
  3. 地域メディアとストーリーテリング : 地域メディア研究のあらたな展開に向けて 小川明子
  4. 記憶表現をめぐる映像コミュニケーションについて : せんだいメディアテークにおける実践から 青山太郎, 池側隆之
  5. 国際シンポジウム『デジタル・ストーリーテリングの可能性』開催報告 小川明子
  6. 世界で広がるデジタルストーリーテリング : 越境し変容するメディア実践 土屋祐子
  7. From Broadcast to Boardroom: Digital Storytelling as a tool for change Karen Lewis
  8. 対話的・協働的デジタル・ストーリーテリングの提案 小川明子
  9. ソーシャルワーク実践(社会福祉実践)におけるデジタルメディアの活用 舟木紳介
  10. 菅康弘NHK名古屋放送局長講演会「スペシャルドラマ『坂の上の雲』制作裏ばなし」開催報告 河村雅隆, 繁田あずさ, 何丹
  11. 国際公開講義「Media and Diplomacy in the Real-Time Era」開催報告 中村登志哉, Philip Seib,
  12. 梅野修 共同通信社名古屋支社長講演会「政治報道とは何か」開催報告(非公開) 井原伸浩

「メディアと社会」バックナンバー

執筆・投稿・審査規定
申込用紙

発行

名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 『メディアと社会』編集委員会
〒464-8601 名古屋市千種区不老町B4-5(700)

Edited, published and distributed by the Graduate School of Languages and Cultures,
Nagoya University, B4-5(700), Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601, Japan