2016年度 日言文シラバス
  

☆ 下記の内容は変更することがあります。掲示等に注意してください。

日 本 言 語 文 化 学 講 座
日本言語文化学方法論a
 ◇講義題目:「文化の接触と影響:日本人の見た英国」
 ◇担当教員:福田眞人(前期、月4、文総522)
 ◇オフィス・アワー:月(13:00~14:00)
◇目的・ねらい:
 文化は高きから低きに流れるとされる。これは、老子の上善如水のことだが、19世紀の世界を見れば、英国が七つの海を支配する帝国主義花盛りの時期である。アメリカの黒船来航(1854年)から、急激な文明開化、西洋化を進める日本に取ってアメリカとヨーロッパを巡回し、文明のなんたるかを知る事がまず第一であった。
 世に岩倉使節団と言われる欧米回覧使節団は、明治4年から明治6年まで、1年9ヶ月におよぶ世界周航の旅であった。
 この米欧回覧で、実際の英国社会を見、経験して、それを日本人がどのように記録したか。そこに知識の差はあったのか。そこに描写できない事物はあったのか。そうしたことに気を配りながら、柔軟に新しい世界を受け入れて行く日本人の姿を瞥見する。

◇授業内容
 第一週:イントロダクション。江戸幕末明治維新の時代的背景の検討
 第二週:イントロダクション2。脱亜入欧。西洋列強の社会制度などの模倣への舵きりと、その方法の模索。
 第三週:アメリカから英国へ。英国の時代背景。
 第四週:英国上陸、ヴィクトリア朝英国の概要
 第五週:倫敦(London)、大英帝国の首都、首都の歴史
 第六週:英国と産業革命
 第七週:工業の発達過程、鉄鋼業
 第八週:鉄道と社会の発達
 第九週:病気と社会、病院
 第十週~第十四週:院生発表
 第十五週:日本の近代化と米欧回覧団の意義
 ◇教科書:
   久米邦武篇『米欧回覧実記』第2巻「英国編」(岩波文庫)
 ◇参考文献:
   田中彰・高田誠二編『「米欧回覧実記」の学際的研究』北海道大学図書刊行会、1993年
   岩倉翔子編著『岩倉使節団とイタリア』京都大学学術出版会、1997年
   イアン・ニッシュ編『欧米から見た岩倉使節団』ミネルヴァ書房、2002年
   芳賀徹編『岩倉使節団の比較文化史的研究』思文閣出版、2003年
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   発表・授業への貢献50%、レポート50%


日本言語文化学方法論b
 ◇講義題目:「文化の接触と影響:病の文化史的研究の一例」
 ◇担当教員:福田眞人(後期、月4、文総522)
 ◇オフィス・アワー:月(13:00~14:00)
◇目的・ねらい:
 人間は生まれて死ぬ。生老病死は人の常である。しかし、いつの時代にもその時代に独特の疾病(病気)があった。19世紀は、とりわけ産業革命後の世界で進行した近代化の中での産業化、都市化と共に、伝染病が猖獗(しょうけつ)を極めた。コレラが、「コレラは近代衛生の母」と言われるように、近代国家の衛生行政に多大な貢献をしたが、他方、都市化の影響を受けたのは、都会における近接性(人口密度増加)に拠る肺病(結核)が流行したことだった。
 この長い歴史を持つ疾病は、しかし、独特のイメージを持たれた病気であった。それは、佳人薄命、肺病天才説などに代表される、甘美なイメージで、なぜこのような特殊な病気像をもたれるに至ったかの検討が必要であろう。

◇授業内容
 第一週:イントロダクション。病気と人間。
 第二週:病気と医学
 第三週:結核の歴史
 第四週:病気の文化的影響の検討
 第五週:ヨーロッパにおける結核のロマン化の問題
 第六週:近世日本における労咳(結核)の問題
 第七週:結核と文学
 第八週:肺病(結核)の浪漫化(美化)
 第九週:近代日本の文学と病気
 第十週:漱石と子規
 第十一週:盧花と不如帰:その背景とその影響
 第十二週~十四週:学生発表
 第十五週:結核とは何だったのか。
 ◇教科書:
   福田眞人『結核の文化史』名古屋大学出版会、1995年。
 ◇参考文献:
   福田眞人『結核という文化』中央公論社、2000年。
   立川昭二『病気の社会史』NHKブックス、1972年。
   Henry G.Sigerist, 「文明と病気」(岩波新書にあるが、廃刊)
      http://www.geocities.jp/minakami30jp/disease/dis.html
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   発表・授業への貢献50%、レポート50%


言語文化交流論a
 ◇講義題目:言語文化交流の根底にあるもの
 ◇担当教員:涌井 隆(前期、火2、文総522)
 ◇オフィス・アワー:火4
◇授業内容:
<講義目的>
 言語文化交流の根底にあるものが何かについて考えます。なぜ、文化の衝突があるのか。文化、宗教、国家の衝突と理解されているものの本質が何かについて考えます。様々なメディアによって流布される情報はたとえ公式見解として教科書に載っているような情報であっても嘘が含まれるのが普通です。したがって、教科書を鵜呑みにせず、ネットから積極的に情報を取り自分の頭で考えることが重要です。グローバル化という現象が毎日メディアを賑わせていますが、その内実を多くの人が正しく理解していません。正しく理解しないで21世紀を生きていくのは困難です。知識のギャップを埋めるのもこの授業の目的の一つです。究極的にはプロパガンダに騙されない「勇気ある知識人」を養成する一助を果たしたいと考えています。

<講義内容>
 前半は、皆で言語文化交流について論じた文章を読み、後半では、受講者各自図書館やインターネットを使って世界の言語文化交流の実状について調べ発表してもらいます。世界のどこでもいいですから、どのような言語文化交流が行われているのか、その背景にはどのような政治・社会・経済的な背景があるのか、調べて見てください。
 一緒に読みたいと考えている文献は次の通りです。ジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄』、小坂井敏晶『民族という虚構』、水村美苗『日本語が亡びるとき』、孫崎享『日本の国境問題』、『異文化理解の倫理にむけて』(稲賀繁美編)。ここで挙げた書籍はすべて全巻読むわけではありません。抜粋して読むものも含まれます。図書館の指定図書になっているものもあります。その他ネット上には情報源が大量にあります。授業でどんどん紹介していきます。
 言語文化交流を考える場合、言語文化に内在する要素だけを考察することも出来ますが、そもそも、交流が可能になる背景には、政治・社会・経済的な要因が存在し、その事実に無知であることは出来ません。授業は、教員が一方的に話すのではなく対話形式を取ります。文章の意味や筆者の意図を正しく読むだけではなく、自分の立場を持って批判的に読む習慣をつけます。毎回、文章を読んできて対話に参加する必要があります。
 最近のインターネットの浸透と発展は目覚ましく、日本に長期滞在する外国人が、日本の快適で比較的自由なインターネット環境を利用してポド・ビデオキャストの配信を行い世界に向けて発信している例もあります。日本にいても世界を取材することが出来ます。もちろん現地に足を運ばなければ得られない情報は存在しますが、情報を咀嚼する分析力と背景を理解するための幅広い知識の方が重要です。
 ◇教科書:
   上に記載
 ◇参考文献:
   上に記載
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   出席状況、授業参加の度合い、発表・レポートの出来などを考慮に入れ総合的に判断する。


言語文化交流論b
 ◇講義題目:外国詩の日本語への翻訳
 ◇担当教員:涌井 隆(後期、金3、文総522)
 ◇オフィス・アワー:金4
◇授業内容:
<講義目的>
 主として英語(中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などを扱う場合もある) の詩を日本語に翻訳する作業を通じて、日本語の表現能力を養い、詩についての理解を深めます。ほぼ半数の詩は、原作が日本語で英訳されたものです。詩を翻訳するするためには両言語の深い知識が必要です。論文を書くための語学力以上のものが求められます。したがって、詩を翻訳する練習を積むことが論文を書く力を養うことにつながります。さらに、詩を翻訳する作業は文字を移し替えるだけではない創造的な行為です。ゼロから詩を作り出すわけではありませんが、原作者の意識に入り込んで、別の言語で新たに創造し直すので自由度がかなりあります。学問研究では使わない脳の部分が活性化されるかも知れません。

<講義内容>
 一回の授業で一編の詩を扱います。誰のどの詩を訳すかはまだ未定ですが、過去に扱った詩人を挙げると、柿本人麻呂、萩原朔太郎、立原道造、谷川俊太郎、北原白秋、高村光太郎、シェイクスピア、デレク・ウォルコット、フランシスコ・デ・ケベード、パブロ・ネルーダ、方文山、北島、徐志摩、海子、ライナー・マリア・リルケ、ロバート・フロスト、ローラ・クロンク、シェイマス・ヒーニー、ワーズワース、マリアン・ムーア、ヨシフ・ブロツキー、トマス・ハーディ、ビリー・コリンズ、マーガレット・アットウッド、キャロライン・フォーシェ、マヤ・アンジェロウ、テッド・ヒューズ、W.H. オーデン、チャールズ・シミック、ディラン・トマスなどがあります。毎年、作品を入れ替えています。上記以外の言語でも参加者が語句の意味と文の構造を説明出来、他の受講者が辞書を引ける言語である場合問題ありませ ん。毎回の授業でお互いの翻訳を批評し合います。日本語が母語ではないからとか、詩は難しいとか、怖じ気づいてしまう必要はありません。毎回原文を詳細に説明するので自分でも辞書を引いて挑戦してみてください。日本語が母語でないからこそ優れた翻訳が生まれる可能性もあります。
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   なし
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   授業参加の度合いと翻訳の出来具合を総合的に判断して評価を出します。




日 本 語 教 育 学 講 座
日本語教育学原論a,b
 ◇講義題目:日本語研究における科学的・実証的研究法:音韻・形態素・語彙編
 ◇担当教員:玉岡賀津雄(前期、火6、18:15~19:45、全学教育棟北棟4階405)
 ◇オフィス・アワー:月(16:30~18:00) 場所:全学教育棟北棟4階403
◇目的・ねらい:
 日本語の音韻、形態素、語彙、複合語に関する基礎知識を基に、これらの領域で使われているコーパス検索、テストによる検証、認知処理実験を紹介し、言語に対する科学的な実証研究が理解できるようにする。そのために、授業ごとに異なるテーマの論文を紹介し、コーパス検索と解析法、テスト理論、各種実験手法、各種多変量解析、因果関係解析法などの手法による研究が理解できるようにする。これらの知識を身につけることによって、日本語を外国語の一つとして科学的に分析する技能を身につけ、専門性の高い日本語教育に応用する技能を養う。

◇授業内容
 授業ごとに日本語のさまざまな特徴や外国語としての日本語習得を扱った研究を紹介して,日本語教育に有効な基礎知識と科学的実証法について議論することで、日本語教育への応用力を養う。具体的には、「音韻構造」「ピッチアクセント」「連濁」「漢字と漢字語の特徴」「漢字の特徴」「漢字語の日韓中類似性」「外来語」「複合動詞」「動詞を含む複合名詞」などを扱った研究論文を取り上げる。各テーマについて議論するとともに、コーパス、実験、テストなど論文で使用したデータ、収集法および統計解析について説明し、科学的な実証法による研究例に触れる。こうした研究論文についての議論を介して、新たな研究の着想、仮説の設定、調査計画、検証方法、データの整理、解析といった一連の研究の流れを身につける。

 授業計画
 第1回:日本語の語彙テストの構成とその得点分布および基本的な記述統計の説明
 第2回:日本語の音素、モーラおよび音節構造と音韻処理
 第3回:日本語のピッチアクセントの特徴と文理解における役割
 第4回:外国人日本語学習者のピッチアクセントの習得とその背景要因
 第5回:連濁の語彙性と規則性および外国人日本語学習者による習得
 第6回:漢字および漢字語の音韻、形態、意味、統語的特徴と認知処理
 第7回:日中韓の漢字語の類似性と中国人日本語学習者による漢字語の習得と認知処理
 第8回:英語を母語とする日本語学習者の漢字の認知処理の特徴
 第9回:外来語の歴史と特徴および外国人日本語学習者による外来語処理と英語の語彙知識との関係
 第10回:和製英語の成り立ちと外国人日本語学習者による習得
 第11回:複合動詞の特徴および外国人日本語学習者による習得とその背景要因
 第12回:動詞を含む複合名詞の統語的構造と意味との関係
 第13回:「名詞+動詞」型複合名詞の外国人日本語学習者による習得とその背景要因
 第14回:副詞の種類と統語上の定位置
 第15回:副詞と動詞の共起性と意味制限および外国人日本語学習者による習得
 ◇教科書:
   授業ごとに研究論文など資料を配布する。
 ◇参考文献:
   Tamaoka, K. (2014). The Japanese writing system and lexical understanding. Japanese Language and Literature (The American Association of Teachers of Japanese, AATJ, 全米日本語教育協会), 48, 431-471.
   Tamaoka, K. (2015). Chapter 18: Processing of the Japanese language by native Chinese speakers. In Mineharu Nakayama (Ed.), Handbooks of Japanese Psycholinguistics (pp.283-332), Berlin, Germany: De Gruyter Mouton.
   木山幸子・玉岡賀津雄 (2011). 自他両用の「-化する」における自動詞用法と他動詞用法の比較: 新聞コーパスの用例に基づく多変量解析, 言語研究, 139, 29-56.
   玉岡賀津雄・木山幸子・宮岡弥生 (2011). 新聞と小説のコーパスにおけるオノマトペと動詞の共起パターン. 言語研究, 139, 57-84.
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論)(20%)、最終テスト(40%)、期末のレポート(40%)


日本語教育学原論b
 ◇講義題目:日本語研究における科学的・実証的研究法:動詞・述部・文・語用編
 ◇担当教員:玉岡賀津雄(後期、火6、18:15~19:45、全学教育棟北棟4階405)
 ◇オフィス・アワー:月(16:30~18:00) 場所:全学教育棟北棟4階403
◇目的・ねらい:
 日本語の動詞に関連した自他および派生・非派生関係、述部の構造、各種の文の統語構造、迷惑・助言場面などのおける言語使用、ポライトネス理論などに関する基礎知識を基に、これらの領域で使われているコーパス検索、テストによる検証、認知処理実験を紹介し、言語に対する科学的な実証研究が理解できるようにする。そのために、授業ごとに異なるテーマの論文を紹介し、コーパス検索と解析法、テスト理論、各種実験手法、各種多変量解析、因果関係解析法などの手法による研究が理解できるようにする。これらの知識を身につけることによって、日本語を外国語の一つとして科学的に分析する技能を身につけ、専門性の高い日本語教育に応用する技能を養う。

◇授業内容
 授業ごとに日本語のさまざまな特徴や外国語としての日本語習得を扱った研究を紹介して,日本語教育に有効な基礎知識と科学的実証法について議論することで、日本語教育への応用力を養う。具体的には、「動詞の自他」「動詞の派生・非派生の関係」「動詞述部の補部構造」「述部の構造」「文理解」「視座の一貫性」「敬語」「ポライトネス理論」「助言・迷惑場面での言語行為」「男女言葉」などを扱った研究論文を取り上げる。各テーマについて議論するとともに、コーパス、実験、テストなど論文で使用したデータ、収集法および統計解析について説明し、科学的な実証法による研究例に触れる。こうした研究論文についての議論を介して、新たな研究の着想、仮説の設定、調査計画、検証方法、データの整理、解析といった一連の研究の流れを身につける。

 授業計画
 第1回:動詞の自他と派生・非派生関係および外国人日本語学習者による動詞の認知処理と習得
 第2回:外国人日本語学習者による動詞の活用の習得
 第3回:動詞述部の補部構造と外国人日本語学習者による習得およびその背景要因
 第4回:二項他動詞文、三項他動詞文、受身形、可能形、使役形の文の理解と文処理
 第5回:中国人日本語学習者による他動詞文と可能形の文の理解と文処理
 第6回:関係節文の構造と日中韓比較および処理メカニズム
 第7回:日本語の構造からみた文法テストの構築と信頼性
 第8回:日本語の敬語表現と外国人日本語学習者による習得
 第9回:否定を伴う敬語表現の丁寧度とその測定および解析法
 第10回:呼称表現の対照研究および測定および解析法
 第11回:テキスト構造における視座の一貫性と文構造および外国人日本語学習者のテキスト処理
 第12回:語用能力と外国人日本語学習者の言語諸能力との因果関係
 第13回:ポライトネス理論とその実証研究
 第14回:助言および迷惑場面での言語行為の測定および解析法
 第15回:日本語の男女言葉の種類と日本人母語話者および外国人日本語学習者による理解
 ◇教科書:
   授業ごとに研究論文など資料を配布する。
 ◇参考文献:
   Tamaoka, K., Asano, M., Miyaoka, Y., & Yokosawa, K. (2014). Pre-and post-head processing for single-and double-scrambled sentences of a head-final language as measured by the eye tracking method. Journal of Psycholinguistic Research, 43 167-185.
   Tamaoka, K., Sakai, H., Kawahara, J., Miyaoka, Y., Lim, H., & Koizumi, M. (2005). Priority information used for the processing of Japanese sentences: Thematic roles, case particles or grammatical functions? Journal of Psycholinguistic Research, 34(3), 281-332.
   Kiyama, S., & Tamaoka, K. (2013). Response Strategy Changes Depending on the Interlocutor’s Face-saving and Face-threatening Acts: A DCT Study. Studies in Language Sciences, 12, 15-42.
   大和祐子・玉岡賀津雄 (2013). 中国人日本語学習者による外来語処理への英語レキシコンの影響. レキシコンフォーラム, 6, 229-267.
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論)(20%)、最終テスト(40%)、期末のレポート(40%)


日本語教授法及び実習
 ◇講義題目:日本語教育実習
 ◇担当教員:鷲見幸美(通年、火2、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火曜日4時限
◇目的・ねらい:
 この授業では、高度な日本語教授能力を実践的に養うことを目標とします。
 (1)実習準備を通して、学習設計力を高める。
 (2)実習を通して、問題解決力・応用力・実践力を高める。
 (3)実習の振り返りを通して、自己研鑽力を高める。
◇授業内容:
 (1)2016年度開始前の2016年2月15日〜3月2日にコースを開設して実習を行います。
 (2)自らの授業を多角的に検討します。
 (3)コースの運営を多角的に検討します。
 (4)文法や語彙に関する学習者の質問に応じることを想定した模擬実践をします。
 (5)実習報告書を作成します。
 ◇教科書:
   指定しません。
 ◇参考文献:
   大関浩美(編著)(2015)『フィードバック研究への招待 第二言語習得とフィードバック』くろしお出版.
   春原憲一郎・横溝紳一郎(2006)『日本語教師の成長と自己研修―新たな教師研修ストラテジーの可能性をめざして』凡人社.
   丸山敬介(2015)『日本語教育実習事例報告 彼らはどう教えたのか?』ココ出版.
   水町伊佐雄(編)(2005)『講座・日本語教育学第4巻 言語学習の支援』スリーエーネットワーク.
   横溝紳一郎(2000)『日本語教師のためのアクション・リサーチ』凡人社.
   『A Course in Modern Japanese,[Revised edition]Vols.1&2』名古屋大学日本語教育研究グループ(編)、名古屋大学出版会.
   『現代日本語コース中級I&II』名古屋大学日本語教育研究グループ(編)、名古屋大学出版会.
   名古屋大学大学院国際言語文化研究科日本言語文化専攻・日本語教育実習報告書(本専攻HP公開).
 ◇履修条件:
   2015年度に日本語教授法概論b の単位を修得し、春休みに行われた実習に参加していることが条件です。休学等によりその条件に当てはまらない場合には、担当教員に申し出てください。
 ◇成績評価:
   実習への取り組み(60%)、振り返り過程での報告(20%)、模擬実践(10%)、実習報告書(10%)の総合点で成績評価を行ないます。


日本語教授法概論a
 ◇講義題目:外国語教授法と日本語教育の現状
 ◇担当教員:鷲見幸美(前期、火3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火曜日4時限
◇目的・ねらい:
 この授業では、みなさんに次のことを目標としてもらいます。
 (1)さまざまな外国語教授法がどのように日本語教育に取り入れられてきたか、その学習内容・教室活動・教師と学習者の役割及びその背景を理解する。
 (2)現在の日本語教育のあり方と社会の関わり、日本語教師の役割や日本語教育の課題について理解を深め、日本語教育実践と日本語教育研究をつなげるための素地づくりをする。
 (3)日本語教育のあり方について問題意識を持ち、自分がどのように日本語教育に関わっていくのかを考え、意識化する。
◇授業内容:
 以下の内容を取り上げ、講義とディスカッションにより進めていきます。
 (1)日本語教育の広がりとパラダイム・シフト
 (2)外国語教授法:直接法、オーディオ・リンガル・メソッド、TPR、サイレント・ウェイ、コミュニティ・ランゲージ・ラーニング、サジェストぺディア、ナチュラルアプローチ、コミュニカティブ・アプローチ
 (3)日本語能力試験と日本語教育スタンダード
 (4)活動型の日本語教育、内容重視の日本語教育、学習者主体の協働学習
 (5)多文化共生社会における日本語教育
 ◇教科書:
   指定しません。
 ◇参考文献:
   池田玲子・舘岡洋子(2007)『ピア・ラーニング入門-創造的な学びのデザインのために』ひつじ書房.
   岡崎敏雄・岡崎眸(1990)『日本語教育におけるコミュニカティブ・アプローチ』凡人社.
   鎌田修・川口義一・鈴木睦(1996)『日本語教授法ワークショップ』凡人社.
   国立国語研究所(編)(2006)『日本語教育の新たな文脈-学習環境, 接触場面, コミュニケーションの多様性-』アルク.
   小林ミナ・衣川隆生(編)(2009)『日本語教育の過去・現在・未来 第3巻「教室」』凡人社.
   細川英雄(編)(2002)『ことばと文化を結ぶ日本語教育』凡人社.
   細川英雄(2008)『ことばの教育を実践する・探求する 活動型日本語教育の広がり』凡人社.
   Richards, J. C.and T.S. Rogers.(2001) Approaches and Methods in Language Teaching – Second Edition. Cambridge University Press. [アントニー・アルジェイミー&高見澤孟(監訳)(2007)『アプローチ&メソッド 世界の言語 教授・指導法』東京書籍.]
   その他は授業時に提示します。
 ◇履修条件:
   特にありません。
 ◇成績評価:
   平常点(授業参加姿勢と授業への貢献30%・小課題30%)および期末のレポート課題(40%)の総合点で成績評価を行います。


日本語教授法概論b
 ◇講義題目:日本語教育学の学際性と専門性
 ◇担当教員:鷲見幸美(後期、火3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火曜日4時限
◇目的・ねらい:
 この授業では、みなさんに次のことを目標としてもらいます。
 (1)日本語教育学の学際性と専門性について理解する。
 (2)日本語教育を支える諸領域の研究知見を日本教育に生かす応用力を養う。
 (3)日本語教育研究を日本語教育実践に生かし、日本語教育実践を日本語教育研究に生かすための課題を自ら見つけ出す力を養う。
◇授業内容:
 日本語教育を支える、以下の諸領域の研究を概観し、そこからどのような教育的示唆が得られ、どのように実践に生かすことができるか、日本語教育研究としてどのような発展が望まれるかを議論します。
 (1)文法研究と日本語教育:日本語学的文法と学習者視点の文法
 (2)第二言語習得研究と日本語教育:第二言語学習を説明する理論や教室指導の効果
 (3)教室談話研究と日本語教育:教師の言語行動と相互交流活動
 (4)接触場面研究と日本語教育:母語話者と非母語話者のコミュニケーション
 (5)日本語教育実践に関する研究:実践検証型と実践分析型
 ◇教科書:
   指定しません。
 ◇参考文献:
   神吉宇一(2015)『日本語教育学のデザイン-その地と図を描く-』凡人社.
   小林ミナ・日比谷潤子(編)(2009)『日本語教育の過去・現在・未来 第5巻「文法」』凡人社.
   小柳かおる・峯布由紀(2016)『認知的アプローチから見た第二言語習得-日本語の文法習得と教室指導の効果』くろしお出版.
   舘岡洋子(編)(2015)『日本語教師のための質的研究入門 学習・教室・教師をいかに描くか』ココ出版.
   西口光一(編)(2005)『文化と歴史の中の学習と学習者-日本語教育における社会文化的パースペクティブ-』凡人社.
   野田尚史(編)(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版.
   細川英雄・三代純平(編)(2014)『実践研究は何をめざすか 日本語教育における実践研究の意味と可能性』ココ出版.
   本田弘之・岩田一成・義永美央子・渡部倫子(201)『日本語教育学の歩き方-初学者のための研究ガイド-』大阪大学出版会.
   縫部義憲(監修)(2005~2006)『講座・日本語教育学』 [全6巻]スリーエーネットワーク.
   柳田直美(2015)『接触場面における母語話者のコミュニケーション方略-情報のやりとり方略の学習に着目して-』ココ出版.
   Lightbown, P.M. and N. Spada.(2013) How Languages are Learned – Fourth Edition. Cambridge University Press. [白井恭弘・岡田雅子(訳)(2014)『言語はどのように学ばれるか━外国語学習に生かす第二言語習得論』岩波書店.]
   その他は授業時に提示します。
 ◇履修条件:
   前期に開講される「日本語教授法概論a」と合わせて履修することが望ましいです。
 ◇成績評価:
   平常点(授業参加姿勢と授業への貢献30%・小課題30%)および期末のレポート課題(40%)の総合点で成績評価を行います。


対照表現論演習 I a
 ◇講義題目:日本語教育のための語彙・意味研究の基礎
 ◇担当教員:鷲見幸美(前期、木3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火曜日4時限
◇目的・ねらい:
 この授業では、日本語教育のための語彙・意味研究を行う基礎力を養うことを目的として、みなさんに次のことを目標としてもらいます。
 (1)語の諸側面について理解を深める。
 (2)認知言語学のパラダイムによる意味の捉え方について理解を深める。
 (3)日本語教育のための語彙・意味研究の課題を見つける。
◇授業内容:
 以下の内容を取り上げ、講義とディスカッションにより進めていきます。
 (1)語種、語構成
 (2)語彙階層、語と語の意味関係
 (3)語の意味をめぐって
 (4)類義語、多義語、コロケーション
 (5)日本語教育と語彙
 ◇教科書:
   指定しません。
 ◇参考文献:
   齋藤倫明・石井正彦(2011)『これからの語彙論』ひつじ書房.
   森雄一・高橋英光(2013)『認知言語学 基礎から最前線へ』くろしお出版.
   李在鎬・村尾治彦・淺尾仁彦・奥垣内健(2013)『認知音韻・形態論』くろしお出版.
   その他は授業時に提示します。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、後期に開講される対照表現論演習Ⅰbと合わせて履修することが望ましいです。
 ◇成績評価:
   平常点(授業参加姿勢と授業への貢献30%・小課題30%)および期末のレポート課題(40%)の総合点で成績評価を行います。


対照表現論演習 I b
 ◇講義題目:日本語教育のための語彙・意味研究の実践
 ◇担当教員:鷲見幸美(後期、木3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火曜日4時限
◇目的・ねらい:
 この授業では、前期に学習したことを、自分の研究に応用する力を身につけることを目的として、みなさんに次のことを目標としてもらいます。
 (1)現代日本語の辞書の記述や意味分析の研究論文を批判的に読み、問題を提起する力を養う。
 (2)現代日本語の意味分析(特に、日本語学習者の混乱を招きやすい複数語を対象とした分析)の方法を身につける。
 (3)自らの分析を発表したり、他者の分析について討論したりするアカデミック・スキルを身につける。
◇授業内容:
 受講生による発表とディスカッションにより進めていきます。
 授業の前半では、この授業で取り上げる分析の範囲や分析例を示します。中盤以降は、受講者が順に各自の関心に基づいて分析対象を定めて発表し、受講者全員でディスカッションします。発表では、「現行辞書や先行研究の記述の問題点を指摘し、仮説を立てて、それを検証するプロセス」を明示します。発表及びディスカッションを踏まえて分析を進め、学期末レポートとしてまとめます。
 ◇教科書:
   指定しません。
 ◇参考文献:
   柴田武・国広哲弥・長嶋善朗・山田進(1976)『ことばの意味1』平凡社.
   柴田武・国広哲弥・長嶋善朗・山田進・浅野百合子(1979)『ことばの意味2』平凡社.
   国広哲弥・柴田武・長嶋善朗・山田進・浅野百合子(1982)『ことばの意味3』平凡社.
   その他は授業時に提示します。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、前期に開講される対照表現論演習Ⅰaと合わせて履修することが望ましいです。
 ◇成績評価:
   平常点(授業参加姿勢と授業への貢献30%)、発表(30%)および期末のレポート課題(40%)の総合点で成績評価を行います。


対照表現論演習 II a
 ◇講義題目:日本語教育文法の基礎から応用まで
 ◇担当教員:杉村 泰(前期、金3、北棟307)
 ◇オフィス・アワー:木(8:30~10:30)
◇目的・ねらい:
 この授業では日本語と他言語とを対照しながら、日本語文法に関する基礎的理解力を身につけ、日本語教師として必要な応用力を養います。そのために次のことを目標とします。
 (1)日本語文法の基本概念を理解し、日本語教育へ応用する能力を身につける。
 (2)日本語の教育・研究者にとって必要な高度な日本語運用能力や日本語によるプレゼンテーション能力を身につける。
 (3)日本語学習者の誤用の原因を的確に「診断」し、処方する能力を身につける。
◇授業内容:
 この授業では日本語表現を材料にして、日本語教育に有効な文法教授法について議論し、日本語教育への応用力を養います。演習形式で行うため、授業中の積極的な発言や作業が期待されます。学期の前半は教員主体の授業によって教育文法の基礎的知識を身につけ、中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて文献収集と分析を行って発表します。発表の際には一方的に自分の調べてきたことを話すのではなく、受講生同士が議論して考えを深め合うようにします。授業は以下のように進めます。(ただし、受講生の興味や関心に応じて臨機応変に変更することがあります。)

 (1)初回の授業ではこの授業の進め方についてガイダンスし、担当教員が発表の例を示します。学期の前半は担当教員による日本語の「文の構造」「品詞」「格助詞」「活用」などに関する話題の提供を受けて、受講生同士いくつかのグループに分かれて議論します。
 (2)学期の中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて発表します。発表に際しては、自分の調べてきたことを一方的に紹介するのではなく、演習形式で他の受講生に考えさせるようにします。
 (3)授業はすべて日本語で行います。担当者は担当回までに発表するテーマに関する先行研究を読み込み、パワーポイント(PPT)で発表のスライドを作成し、必要に応じて文法性判断テストなどを準備しておきます。授業では、担当者は議論の議長役となり、調べてきたことについて一方的に解説するのではなく、他の受講生に考えさせて活発な討論になるように促す役割を務めます。他の受講生も問題提起をしたり、自分の考えを表明したりして、日本語教育に有効な文法教授法について一緒に考えていきます。
 (4)最後に自分の担当したテーマに関して、授業でのディスカッションを通じて得た知見を加筆してレポート(PPT)を提出します。
 ◇教科書:
   庵功雄・高梨信乃・中西久実子・山田敏弘著『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』(スリーエーネットワーク)
 ◇参考文献:
   庵功雄『新しい日本語学入門』(スリーエーネットワーク)
   森篤嗣・庵功雄編『日本語教育文法のための多様なアプローチ』(ひつじ書房)
   その他必要に応じて授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、日本語学に関連する基礎科目を履修していると理解しやすいです。
 ◇成績評価:
 (1)発表担当回の内容紹介がきちんとできていたか(内容の理解の正確さ、プレゼンテーションの適切さ):20%
 (2)授業中に積極的に議論に参加し、説得的に自分の意見が言えたか:30%
 (3)各自の発表内容をまとめたレポートが示唆的で理解しやすくまとめられていたか:50%
 (4)合計点60点未満はD、60点以上70点未満はC、70点以上80点未満はB、80点以上はAです。


対照表現論演習 II b
 ◇講義題目:日本語教育文法の基礎から応用まで
 ◇担当教員:杉村 泰(後期、金3、北棟307)
 ◇オフィス・アワー:木(8:30~10:30)
◇目的・ねらい:
 この授業では日本語と他言語とを対照しながら、日本語文法に関する基礎的理解力を身につけ、日本語教師として必要な応用力を養います。そのために次のことを目標とします。
 (1)日本語文法の基本概念を理解し、日本語教育へ応用する能力を身につける。
 (2)日本語の教育・研究者にとって必要な高度な日本語運用能力や日本語によるプレゼンテーション能力を身につける。
 (3)日本語学習者の誤用の原因を的確に「診断」し、処方する能力を身につける。
◇授業内容:
 この授業では日本語表現を材料にして、日本語教育に有効な文法教授法について議論し、日本語教育への応用力を養います。演習形式で行うため、授業中の積極的な発言や作業が期待されます。学期の前半は教員主体の授業によって教育文法の基礎的知識を身につけ、中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて文献収集と分析を行って発表します。発表の際には一方的に自分の調べてきたことを話すのではなく、受講生同士が議論して考えを深め合うようにします。授業は以下のように進めます。(ただし、受講生の興味や関心に応じて臨機応変に変更することがあります。)

 (1)初回の授業ではこの授業の進め方についてガイダンスし、担当教員が発表の例を示します。学期の前半は担当教員による日本語の「ボイス」「人称」「テンス」などに関する話題の提供を受けて、受講生同士いくつかのグループに分かれて議論します。
 (2)学期の中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて発表します。発表に際しては、自分の調べてきたことを一方的に紹介するのではなく、演習形式で他の受講生に考えさせるようにします。
 (3)授業はすべて日本語で行います。担当者は担当回までに発表するテーマに関する先行研究を読み込み、パワーポイント(PPT)で発表のスライドを作成し、必要に応じて文法性判断テストなどを準備しておきます。授業では、担当者は議論の議長役となり、調べてきたことについて一方的に解説するのではなく、他の受講生に考えさせて活発な討論になるように促す役割を務めます。他の受講生も問題提起をしたり、自分の考えを表明したりして、日本語教育に有効な文法教授法について一緒に考えていきます。
 (4)最後に自分の担当したテーマに関して、授業でのディスカッションを通じて得た知見を加筆してレポート(PPT)を提出します。
 ◇教科書:
   庵功雄・高梨信乃・中西久実子・山田敏弘著『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』(スリーエーネットワーク)
 ◇参考文献:
   庵功雄『新しい日本語学入門』(スリーエーネットワーク)
   森篤嗣・庵功雄編『日本語教育文法のための多様なアプローチ』(ひつじ書房)
   その他必要に応じて授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、日本語学に関連する基礎科目を履修していると理解しやすいです。
 ◇成績評価:
 (1)発表担当回の内容紹介がきちんとできていたか(内容の理解の正確さ、プレゼンテーションの適切さ):20%
 (2)授業中に積極的に議論に参加し、説得的に自分の意見が言えたか:30%
 (3)各自の発表内容をまとめたレポートが示唆的で理解しやすくまとめられていたか:50%
 (4)合計点60点未満はD、60点以上70点未満はC、70点以上80点未満はB、80点以上はAです。


第二言語習得研究概論a
 ◇講義題目:会話分析からみた第二言語習得研究
 ◇担当教員:林 誠(前期、水3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールでアポイントメントを取ってください)
◇目的・ねらい:
 この授業の全体のねらいは第二言語習得に関する基礎的理解力を養うことである。そのねらいを達成するために、特に会話分析の観点からの第二言語習得研究の文献を読み、現在の第二言語習得研究においてどのようなことが問題点/争点となっているかを理解する。また、会話分析の基礎概念および方法論を学び、教室場面や日常会話を含めた第二言語使用場面における相互行為の音声・ビデオデータを収集・観察・分析する能力を身につける。
◇授業内容:
  1.会話分析からみた第二言語習得研究の基礎的議論(成員カテゴリー、母語・非母語話者性、関係性構築)
  2.会話分析の基礎概念の導入(順番交替、行為連鎖組織、修復)
  3.相互行為データの収集・観察・分析の実践
 ◇教科書:
   プリント配布
 ◇参考文献:
   好井裕明・西阪仰・山田富秋(編)『会話分析への招待』世界思想社
   杉原裕美『日本語学習のエスノメソドロジー』勁草書房
   今田恵美『対人関係構築プロセスの会話分析』大阪大学出版会
   その他、授業時に随時紹介する。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、英語で書かれた文献も扱うので、それに対応できる英語読解力が必要です。
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論への参加)50%、担当回の発表 30%、期末のレポート 20%


第二言語習得研究概論b
 ◇講義題目:会話分析からみた第二言語習得研究
 ◇担当教員: 林 誠(後期、月4、文総609)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールでアポイントメントを取ってください)
◇目的・ねらい:
 会話分析の観点からの第二言語習得の研究に精通し、第二言語習得研究を批評する能力を養う。さらに、自ら研究(データ分析や文献レビュー)を行うことにより、会話分析研究を行う基礎力を養う。
◇授業内容:
  1.会話分析の観点からの第二言語習得研究論文の講読、発表、ディスカッション。
  2.自らの研究の立案と実施、またそれに関する発表とディスカッション。
    具体的には、以下の順序で行う:
    (a). 会話分析の観点からの第二言語習得研究論文の講読、発表、ディスカッション1
    (b). レポートの中間報告(自らの研究の構想発表)
    (c). 会話分析の観点からの第二言語習得研究論文の講読、発表、ディスカッション2
    (d). レポートの最終報告(自らの研究の成果発表)
 ◇教科書:
   プリント配布
 ◇参考文献:
   好井裕明・西阪仰・山田富秋(編)『会話分析への招待』世界思想社
   杉原裕美『日本語学習のエスノメソドロジー』勁草書房
   今田恵美『対人関係構築プロセスの会話分析』大阪大学出版会
   その他、授業時に随時紹介する。
 ◇履修条件:
   第二言語習得研究概論aを履修しているか、または会話分析の基礎知識を有する人が望ましい。英語で書かれた文献も扱うので、それに対応できる英語読解力が必要です。
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論への参加)30%、担当回の発表 30%、期末のレポート 40%




応 用 言 語 学 講 座
応用言語学概論a
 ◇講義題目:言語類型論の基礎と第二言語習得との関連
 ◇担当教員:堀江 薫(HORIE, Kaoru)(前期、水2限、文系総合館624室)
 ◇オフィス・アワー:授業直後、ほか随時。メールによってアポイントメントを取ってください。
◇授業内容:
 <講義目的>
本講義では言語類型論という分野の入門として、受講生のみなさんが以下の(1)~(4)を達成できることを目指します。
 (1)日本語の記述・理論言語学的研究、日本語と他言語との対照言語学的研究、日本語の第二言語習得・教授法に関する応用言語学的研究を遂行する「基礎力」が身につく。
 (2)具体的には、日本語が世界の言語の中でどのような形態・統語的な特徴を持っているかが他言語との比較を通じて正しく理解できる。
 (3)言語類型論の方法論と通言語的比較の手法に関する理解が深まる。
 (4)言語類型論の知見が第二言語習得研究にどのように応用されているかに関しての理解が深まる。
 <授業内容>
 (1)言語類型論という分野の全体像・方法論的な特徴・リサーチクエスチョンを最初に示します。
 (2)言語類型論という分野の歴史的展開と現状を示します。
 (3)言語類型論が第二言語習得研究にどのような洞察を与えてくれるかを述べます。
 (4)言語類型論と認知・機能言語学といった関連分野との接点について簡単に触れ、後期の「応用言語学概論b」の導入とします。
 ◇授業の進度等に関して
   初回の授業で詳しい進度を示したシラバスを配布します。
 ◇教科書:
   リンゼー・ウェイリ-『言語類型論入門―言語の普遍性と多様性―』(岩波書店)
 ◇参考文献:
   バーナード・コムリー『言語類型論と言語普遍性』(ひつじ書房)
   Croft, W. Typology and Universals (Cambridge UP, 2003)
   他に関連論文
 ◇履修条件:
   特になし。認知言語学関連の授業を合わせて受講することを勧めます。
 ◇成績評価方法・基準
   (1)レポート(85%):単に他の研究成果や文法書・辞書の記述をまとめただけで、自分独自の分析・考察を欠いたレポートは相対的に評価が低くなります。また、自分の方法論や仮説・主張を分かりやすく説明する工夫も評価の対象となります。
   (2)授業参加(15%)


応用言語学概論b
 ◇講義題目:認知類型論の基礎と第二言語習得研究
 ◇担当教員:堀江 薫(HORIE, Kaoru)(後期、水3限、文系総合館624室)
 ◇オフィス・アワー:授業直後、ほか随時。メールによってアポイントメントを取ってください。
◇授業内容:
 <講義目的>
 本講義では認知類型論という研究分野の入門として、受講生のみなさんが以下の(1)~(3)を達成できることを目指します。
 (1)言語類型論と認知言語学、機能言語学の融合的研究分野である「認知類型論」の基本を理解した上で日本語や諸外国語の研究に応用し、応用言語学的研究を遂行する「基礎力」が身につく。
 (2)認知類型論の観点から、日本語が世界の言語の中でどのような構造上、発想上の特徴を持っているかが他言語との比較を通じて正しく理解できる。
 (3)認知類型論と第二言語習得研究の融合的研究に関する理解を深める。
 <授業内容>
 (1)認知類型論という分野の全体像・方法論的な特徴・リサーチクエスチョンを最初に示します。
 (2)言語類型論から認知類型論への歴史的展開と現状を示します。
 (3)認知類型論と第二言語習得研究の関係および両者の融合的研究を概観、説明します。
 ◇授業の進度等に関して
   初回の授業で詳しい進度を示したシラバスを配布します。
 ◇教科書:
   堀江薫・プラシャント・パルデシ(2009)『言語のタイポロジー:認知類型論のアプローチ』(研究社)
 ◇履修条件:
   特になし。「応用言語学概論a」を受講していることが望ましいですが取っていなくても大丈夫です。また、認知言語学関連の授業を受講することも勧めます。
 ◇成績評価:
   (1)レポート(85%):単に他の研究成果をまとめた、自分の分析・考察を欠いたレポートは相対的に評価が低くなります。また、自分の方法論や仮説・主張を分かりやすく説明する工夫も評価の対象となります。
   (2)授業参加(15%)


応用言語学特殊研究a
 ◇講義題目:日本語の副詞研究の展望
 ◇担当教員:奥田智樹(前期、金1、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火(10:30~12:00)またはメールで相談
  研究に関する面談の場合は、なるべく研究の進捗状況をまとめた簡潔なレポートを、事前にメールの添付でお送りください。
◇目的・ねらい:
 日本語の副詞について、先行研究の系譜を踏まえてその機能上の特質を明らかにし、いかなる問題が存在するか、またそれに対していかなる分析のアプローチが可能であるかを探る。
◇授業内容:
 授業は一貫して最近の論文を素材とする演習形式で行い、受講者には毎週論文の内容に関連して担当教員が用意する設問に対する解答の提出、発表、およびそれらを踏まえた活発な議論が求められる。これらの作業を通じて、様々な論文を批判的に読みこなす応用力、および先行研究における問題点の発見を出発点として、新しい研究テーマの設定や考察に結び付けていく実践力が養われることとなろう。
 今期は情態副詞と陳述副詞を中心に扱う予定である。主なトピックは次の通りだが、細部において受講者の希望に沿った形での変更もあり得る。
 1.副詞という品詞の浮動性
 2.主な文法学説における副詞の取り扱い
 3.副詞の下位分類
 4.連用修飾ということ
 5.副詞の呼応に関わる諸問題
 6. アスペクトの規定に関わる副詞
 7. モダリティの規定に関わる副詞
 8. 他言語との対照研究
 ◇教科書:
   なし。授業ではハンドアウトおよび論文のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   授業中に指示する。
 ◇履修条件:
   特になし。応用言語学特殊研究a(前期)とb(後期)は全く独立した内容ですので、どちらか一方のみの受講も歓迎します。
 ◇成績評価:
   毎週の設問に対する解答レポート(70%)、講読論文のレジュメ作成および発表(20%)、発言を含めた授業への貢献度(10%)。学期末のレポートや試験は一切課さないが、その分毎週の授業における取り組みを重視する。


応用言語学特殊研究b
 ◇講義題目:日本語の連体修飾節構造をめぐる諸問題
 ◇担当教員:奥田智樹(後期、金1、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火(10:30~12:00)またはメールで相談
  研究に関する面談の場合は、なるべく研究の進捗状況をまとめた簡潔なレポートを、事前にメールの添付でお送りください。
◇目的・ねらい:
 日本語の連体修飾節構造について、先行研究の系譜を踏まえていかなる問題が存在するかを明らかにし、その分析を通して垣間見える日本語の特質について考察する。
◇授業内容:
 授業は一貫して最近の論文を素材とする演習形式で行い、受講者には毎週論文の内容に関連して担当教員が用意する設問に対する解答の提出、発表、およびそれらを踏まえた活発な議論が求められる。これらの作業を通じて、様々な論文を批判的に読みこなす応用力、および先行研究における問題点の発見を出発点として、新しい研究テーマの設定や考察に結び付けていく実践力が養われることとなろう。
 今期は日本語の連体修飾節構造について、下記のようなテーマを中心に議論する。
 1.連体修飾語と連体修飾節
 2.外の関係と内の関係
 3.限定的修飾と非限定的修飾
 4.連体修飾節の時制解釈
 5.連体修飾節の意味論的、表現論的な特質
 6. 被修飾名詞の類型化
 7. 連体修飾節と連用修飾節との接点
 8. 他言語との対照研究
 ◇教科書:
   なし。授業ではハンドアウトおよび論文のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   授業中に指示する。
 ◇履修条件:
   特になし。応用言語学特殊研究a(前期)とb(後期)は全く独立した内容ですので、どちらか一方のみの受講も歓迎します。
 ◇成績評価:
   毎週の課題レポート(70%)、講読論文の口頭発表・レジュメ(20%)、発言を含めた授業への貢献度(10%)。学期末のレポートや試験は一切課さないが、その分毎週の授業における取り組みを重視する。


応用言語学方法論a
 ◇講義題目:認知言語学再入門
 ◇担当教員:秋田喜美(前期、木5、文総609)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールによる事前確認を推奨します)
◇目的・ねらい:
 認知言語学に関する基礎的理解力の向上を目指します。

◇授業内容:
 認知意味論の基礎的な教科書を用いて、認知言語学ないし言語学一般の基本事項を復習します。毎回の授業は、1)受講生ないし教員による教科書の簡潔なレビュー、2)練習問題・宿題に関するディスカッションに加え、3)適宜、当該研究の近年の動向などを紹介するという形を基本とします。受講生の習熟度に応じて、発展的課題にも取り組んでいきます。教科書の構成は以下の通りです。

 第1章:認知意味論とは何か
 第2章:語の意味
 第3章:意味の拡張
 第4章:多義性
 第5章:メタファー表現の意味と概念化
 第6章:意味の普遍性と相対性

 また、研究活動において必要となる以下のスキルの向上を目指します。

 ・文献収集
 ・要旨作成
 ・プレゼンテーション
 ・質疑応答

 授業後は、砕けた研究相談・ディスカッションの場にしたいと考えていますので、積極的にご活用ください。
 
 ◇教科書:
   松本曜 (編). 2003.『認知意味論』大修館書店.
 ◇参考文献:
   Dropboxで参考文献やスライドを共有します。
 ◇履修条件:
   毎回、教科書の該当箇所を読んでいることを前提に、宿題とディスカッションをこなしていきます。それを念頭に履修してください。
 ◇成績評価:
   以下の観点より総合的に評価します。
   1回以上の発表(教科書の内容はごく短くまとめ、練習問題や応用問題に時間を割く)(30%)、宿題・ディスカッションへの積極的参加(30%)、期末試験(40%)


応用言語学方法論b
 ◇講義題目:認知言語学の三大手法
 ◇担当教員:秋田喜美(後期、木5、文総609)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールによる事前確認を推奨します)
◇目的・ねらい:
 現在の(認知)言語学の代表的手法である内省・コーパス調査・実験について、具体的な研究事例を通して学びます。論文執筆に向け、どういった仮説に対し、どういった手法(の組み合わせ方)が有効かを考えられるよう、基礎的理解力と実践力を養います。

◇授業内容:
 各手法の「見本」となる論文を読んだ上で、発展的内容に取り組みます。毎回の授業は、1)受講生ないし教員による論文の簡潔なレビュー・問題提起、2)宿題に関するディスカッションの後、3)補足・応用問題に至るという形を基本とします。学期終盤には、特定のテーマについて実践的調査を行います。各週の予定は以下の通りです。

 A. 導入
   1. 仮説の種類と検証方法
 B. 内省
   2. 文法テスト
   3. 共起テスト
   4. 多義性テスト
   5. アンケート調査
 C. コーパス
   6. 気づかない例の発見
   7. ウェブコーパス
   8. 視聴覚コーパス
   9. 通時コーパス
   10. CHILDES
   11. 対訳コーパス
 D. 実験
   12. 産出実験
   13. 知覚実験
 E. 手法の組み合わせ:手法間の一致とズレ
   14. 実践1(意味)
   15. 実践2(文法)

 授業後は、砕けた研究相談・ディスカッションの場にしたいと考えていますので、積極的にご活用ください。
 ◇教科書:
   Dropboxで文献やスライドを共有します。文献のテーマは、認知意味論的なものが中心ですが、そればかりではありません。相談にも応じます。
 ◇参考文献:
   中本敬子・李在鎬 (編). 2011.『認知言語学研究の方法:内省・コーパス・実験』ひつじ書房.
 ◇履修条件:
   「応用言語学方法論a」ないし類似の授業を履修済みであることが望ましいですが、条件とはしません。毎回、論文を読んでいることを前提に、宿題とディスカッションをこなしていきます。それを念頭に履修してください。
 ◇成績評価:
   以下の観点より総合的に評価します。
   1回以上の発表(論文の内容はごく短くまとめ、問題提起と宿題のディスカッションに時間を割く)(30%)、宿題・ディスカッションへの積極的参加(30%)、調査実践・期末レポート(40%)


応用言語学データ分析論a
 ◇講義題目:意味・機能と構造形式に着目した記述研究の方法1
 ◇担当教員:志波彩子(前期、火4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:火曜3限、木曜2限(北棟402号室)
◇目的・ねらい:
 参加者各自の研究テーマについて,先行研究をまとめた上でコーパスから収集した用例を構造の意味・機能と形式によって分類する作業を通して,実例をくまなく網羅的に記述する方法と技術を学び,言語を分析する目を養う。

◇授業内容:
 授業では,参加者自身の研究テーマについて,主要な先行研究をまとめ,コーパスから用例を収集して分類したものを発表してもらう。発表してもらった用例の分類の妥当性と,用例の挙げ方について,参加者全員が考え,議論することで,言語研究において実例をどのように扱えばいいかということを学んで行く。
 論文の中で簡素化された典型的な例文に比べ,実際のデータに現れる文の1つ1つは,文構造や文脈構造の要請によってさまざまな形で現れるため,分類は決して容易ではない。特に実際のデータにおける例文がどのような文脈構造に,どのような文のポジションに,どのような構造で,どのような要素を伴って現れたかということと,その例文がどのような意味・機能を持っているかということは多くの関連性がある。しかし,実例の何に着目するか,そこにどのような意味・機能を見出すか,ということは,1例1例の用例と地道に向き合い,格闘することなしには,気づくことが難しい。
 また,論文を執筆する際に,用例は単なる飾りではない。自分の観察や議論を展開する上での重要な傍証である。よって,用例を挙げる際には,何のためにその用例を挙げるのかということを常に意識してほしい。同時に,何が典型なのか,何が周辺なのか,何が中間的なのか,それはなぜ中間的なのか,といったことを辛抱強く考察し,説明に破たんのない記述を試みなければならない。
 以上の作業を通して実例と向き合うことで,言語を分析する確かな目が養われるだろう。実例の1例1例と深く向き合うことで,文を構成する様々な形式の何に注目すればいいのか,また,文の最終的な意味はどのように決定されるのか,ということを次第に理解し,日本語だけでなくあらゆる言語を見る感性や勘を磨くことができると考える。このような言語の形式(構造)と意味との関係を探る訓練を通して,日本語のさまざまな表現に対する理解と分析能力を養い,高度な日本語教育への応用を目指す。

 授業計画
  参加者自身の研究テーマについて発表してもらうが,コーパスから収集した用例を以下のような観点から分析する方法を講義する。ただし,参加者の関心や理解度によって講義内容は変動する可能性がある。
 第1回:ガイダンス,用例分析の方法について(間接疑問構文を例に)
 第2回:日本語のヴォイス,テンス・アスペクトに関する先行研究概観
 第3回:参加者の研究テーマ発表1(文の構成要素とは何か)
 第4回:参加者の研究テーマ発表2(最終的な意味はどのように決まるか)
 第5回:参加者の研究テーマ発表3(形と意味との関係)
 第6回:日本語のモダリティに関する先行研究概観
 第7回:参加者の研究テーマ発表4(文の構成要素とモダリティとの関わり)
 第8回:参加者の研究テーマ発表5(文脈構造とは何か)
 第9回:日本語の多義語に関する先行研究概観
 第10回:参加者の研究テーマ発表6(語の多義性と構造との関わり)
 第11回:日本語教育文法に関する先行研究概観
 第12回: 参加者の研究テーマ発表7(構造のネットワーク)
 第13回:参加者の研究テーマ発表8(文法の体系と実際の使用)
 第14回:参加者の研究テーマ発表9(日本語教育と日本語文法)
 第15回:
 
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   工藤真由美(2014)『現代日本語ムード・テンス・アスペクト論』ひつじ書房
   寺村秀夫(1982)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ』くろしお出版
   森山卓郎,仁田義雄,工藤浩(2000)『日本語の文法3 モダリティ』岩波書店
   その他,授業中に提示します。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論)(30%)、担当回の発表(30%)、期末のレポート(40%)


応用言語学データ分析論b
 ◇講義題目:意味・機能と構造形式に着目した記述研究の方法2
 ◇担当教員:志波彩子(後期、火4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:水曜2限(北棟402号室)
◇目的・ねらい:
 文の構造の中核的な存在である動詞に焦点を当て、テンス・アスペクト,ヴォイス,ムードに関わる動詞構文の意味的・構造的特徴と各動詞構文の相互の関係に対する理解を深める。また,異なるジャンルのコーパスから収集した実例の1例1例を精査し,言語の形と意味の関係を丁寧に考察する訓練をつむことで,高度な言語分析能力を養う。

◇授業内容:
 日本語の動詞構文については,研究の蓄積が非常に多い。近年,そうした研究の成果をまとめた様々なレベルの多様な文献を入手できるようになった。いろいろなアプローチの様々な理論を学び,すでに明らかにされた文法の大枠を知識として持つことも言語学にとって必要ではあるが,単に文献を読むことだけでは言語を分析する力は養われない。理論も文法に関する知識も,本来言語を分析するための道具である。重要なのは,同時に実際の言語データ(現象)を分析し,そこから一般的な法則を見出す力をつけることであり,そうした力は実例の分析を通してしか養われない。
 本講義では,テンス・アスペクト(シテイル),ヴォイス(使役構文と可能構文),ムード(証拠性に関わるヨウダとラシイ)を取り上げ,それぞれの先行研究の重要なものを講読し,意味と形(構造)との関係を理解する。その上で,コーパスから収集した用例を先行研究が提示した分類の枠組みに沿って各自が分類することを試みる。論文の中で簡素化された典型的な例文に比べ,実際のデータに現れる文の1つ1つは,文構造や文脈構造の要請によってさまざまな形で現れるため,分類は決して容易ではない。また,実際のデータは,従来の分類の枠組みが決して十分ではないことも教えてくれる。授業を通して,実際の用例の1例1例といわば「格闘」し,何が典型なのか,何が周辺なのか,何が中間的なのか,それはなぜ中間的なのか,といったことを,分類作業を通して考えることで,言語を分析する確かな目が養われるだろう。実例の1例1例と深く向き合い,対象に沈潜することで,文を構成する様々な形式の何に注目すればいいのか,また,文の最終的な意味はどのように決定されるのか,ということを次第に理解し,日本語だけでなくあらゆる言語を見る感性や勘を磨くことができると考える。このような言語の形式(構造)と意味との関係を探る訓練を通して,日本語のさまざまな表現に対する理解と分析能力を養い,高度な日本語教育への応用を目指す。

 授業計画
  以下を予定しているが,参加者の関心や理解度によって,随時変更の可能性がある。
 第1回:ガイダンス,動詞構文について,構文とは何か(体系・構造・要素)
 第2回:日本語のテンス・アスペクトの分類(先行研究概観)
 第3回:「V-シテイル」の用例分析1
 第4回:「V-シテアル」の用例分析2
 第5回:使役構文の分類(先行研究概観)
 第6回:使役構文の用例分析1
 第7回:使役構文の用例分析2
 第8回:可能構文の分類(先行研究概観)
 第9回:可能構文の用例分析
 第10回:可能構文の用例分析
 第11回:証拠性を表わすラシイとヨウダの分類と相違(先行研究概観)
 第12回:ラシイの用例分析
 第13回:ヨウダの用例分析
 第14回:テキスト別(文体別)の用例の割合とその意味
 第15回:まとめ
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   工藤真由美(2014)『現代日本語ムード・テンス・アスペクト論』ひつじ書房
   尾上圭介(編)(2004)『朝倉日本語講座 文法Ⅱ』朝倉書店
   寺村秀夫(1982)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ』くろしお出版
   渋谷勝巳(2002)「可能」大西拓一郎編『方言文法調査ガイドブック』国立国語研究所
   志波彩子(2015)『現代日本語の受身構文タイプとテクストジャンル』和泉書院
   その他,授業中に提示します。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   平常点(授業中の発言・討論)(30%)、担当回の発表(30%)、期末のレポート(40%)


言語習得論a(言語統計学a)
 ☆ 本授業科目は、2016年度は開講されません。


言語習得論b(言語統計学b)
 ◇講義題目:言語研究・外国語教育研究に用いられる統計的手法について
 ◇担当教員:小島ますみ(後期、月1、CALL4)
 ◇授業についての問い合わせ:相談の内容と希望される日時を事前にメールでお知らせ下さい。
 ◇連絡先:m.kojima@nagoya-u.jp
◇目的・ねらい:
 言語研究・外国語教育研究で必要となる統計的手法の基礎を習得する。各種の統計的手法がどの様な原理に基づいて成立しているかを理解する。統計学の理解を深めるために必要な数学の演習も適宜行う。統計処理には、統計解析ソフト「R」を主として使用し、必要に応じオンライン・ツール等を利用する。言語研究・外国語教育研究で実際に問題になりそうな擬似データを統計的に分析し、結果を解釈するなどの演習を通して、実践的な統計分析技術を身に付ける。

◇授業内容:
 1. テストの信頼性と妥当性
 2. 回帰分析
 3. 分散分析の応用
 4. 判別分析
 5. クラスター分析
 6. 主成分分析
 7. 因子分析
 8. コレスポンデンス分析
 9. 共分散構造分析
 10. メタ分析
 
 ◇教科書:
   なし。資料を配布する。講義はプロジェクターを使用して行う。
 ◇参考文献:
   竹内理・水本篤 (編著)『外国語教育研究ハンドブック―研究手法のより良い理解のために(改訂版)』(松柏社, 2014)
   石川 慎一郎・前田 忠彦・山崎 誠 (編著) 『言語研究のための統計入門』(くろしお出版, 2010)
   青木繁伸『Rによる統計解析』 (オーム社, 2009)
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価方法・基準:
   与えられた課題に対するレポート並びに授業での発表等で評価する。




比 較 日 本 文 化 学 講 座
比較文学論a
 ◇講義題目:芥川龍之介とアダプテーションⅠ
 ◇担当教員:渡辺美樹(前期、木3、文総522)
 ◇オフィス・アワー:木(14:30~16:30)
[ここまで]
◇目的・ねらい:
 文学作品は文学的伝統の中で作られていく。近代日本文学の伝統の一つに古典のアダプテーションがある。芥川龍之介の初期の作品を精読しながらその典拠作品を取り上げて比較考察していきたい。基本的な文学的理解力を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 アダプテーションについて考察した上で、芥川の作品の時代順に「鼻」「芋粥」「運」「偸盗」といった代表的な翻案小説に目を通していく予定である。受講者によって講義方法は変えることもある。

 第1週:アダプターションについて
 第2週:「鼻」
 第3週:「鼻」の典拠作品『今昔物語』「池尾の禅珍内供の鼻の物語」と『宇治拾遺物語』
 第4週:ディスカッション
 第5週:「芋粥」
 第6週:「芋粥」の典拠作品『宇治拾遺物語』「利仁芋粥の事」と『今昔物語』
 第7週:保立道久や黒田日出男の描く中世世界について
 第8週: ディスカッション
 第9週:「運」
 第10週:「運」の典拠物語『今昔物語』「貧女清水観音に仕へ盗人の夫にあふ物語」
 第11週:ディスカッション
 第12週:「偸盗」
 第13週:典拠作品とされる『今昔物語』巻29の様々な説話について
 第14週:ディスカッション
 第15週:全体のディスカッション
 ◇教科書:
   バージョンを揃えるためにこちらで用意する
 ◇参考文献:
   長野甞一『古典と近代作家:芥川龍之介』(1967)
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   期末レポート(80%)と口頭発表(20%)


比較文学論b
 ◇講義題目:芥川龍之介とアダプテーションⅡ
 ◇担当教員:渡辺美樹(後期、木3、文総522)
 ◇オフィス・アワー:木(14:30~16:30)
◇目的・ねらい:
 文学作品は文学的伝統の中で作られていく。近代日本文学の伝統の一つに古典のアダプテーションがある。芥川龍之介の初期の作品を精読しながらその典拠作品を取り上げて比較考察していきたい。基本的な文学的理解力を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 芥川の作品の時代順に「地獄変」「邪宗門」「龍」「奉教人の死」といった代表的な翻案小説に目を通していく予定である。受講者によって講義方法は変えることもある。

 第1週:「地獄変」
 第2週:典拠物語『宇治拾遺物語』「絵仏師良秀、家の焼くるを見て悦ぶ事」
 第3週:「杜子春」と典拠作品、鄭還古『杜子春伝』
 第4週:ディスカッション
 第5週:「龍」
 第6週:典拠作品『宇治拾遺物語』「蔵人得業、猿沢の池の龍の事」
 第7週: ディスカッション
 第8週:「邪宗門」
 第9週:「邪宗門」の典拠作品群
 第10週:「切支丹物」について
 第11週: ディスカッション
 第12週:「奉教人の死」
 第13週:「奉教人の死」の典拠作品について
 第14週: ディスカッション
 第15週:全体のディスカッション
 ◇教科書:
   バージョンを揃えるためにこちらで用意する
 ◇参考文献:
   長野甞一『古典と近代作家:芥川龍之介』(1967)
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   期末レポート(80%)と口頭発表(20%)


日中比較文化論a
 ◇講義題目:古代日本と外来文化
 ◇担当教員:胡 潔(前期、木4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:木(16:30~17:30)
◇授業の目的:
 古代日本の文字表記、政治制度、文芸表象などの諸事象から、古代日本と外来文化の関係を探求する。主に古代日本と古代中国の文化的交渉の諸問題を取り扱うが、単に両国の文化の相違点を洗い出すのみならず、文化要素の流動、衝突、融合の過程を観察する方法を学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 作品の背後にある社会状況、異文化との交流に注意しながら、テキストを正確に読解し、そこから問題を発見する能力を養う。参加者は一つのトピックに関する先行研究を事前に読み、その方法や発想を学びながら、自分の見解を提示できる力を身に付ける。古代日本の文化的特徴を理解するために不可欠な原典読解力と問題発見力、そして問題を解決する応用力を培うのがこの授業の目標である。

◇授業内容:
 今年度(aとb)では、平安時代の私撰集『新撰万葉集』上巻の恋歌を取り上げる。九世紀後半に成立したこの作品は文学史的に見ても極めて重要な転換点に位置している。万葉仮名で表記された和歌にその歌意を表した七言絶句の漢詩を配する体裁は、九世紀の和歌と漢詩の交渉の姿を象徴的に示している。和歌と漢詩のそれぞれが持つ表現類型と影響関係に注目しつつ読み進める。受講者による発表を中心に進めるが、講師によるレクチャーと全員による討論を適宜組み合わせる。最初の三回は講師によるレクチャーで、九世紀の文学史的状況と『新撰万葉集』研究史について紹介し、受講者と相談しながら担当を割り振る。受講者は担当部分に関する資料を収集し、註釈書などを参照しながら的確に議論を組み立て発表する。資料調査、発表と全体討論時の議論を通じて、比較研究の方法を身につける。テキストは『新編国歌大観』に収録されている『新撰万葉集』を用いる。
 1 イントロダクション (1)
 2 九世紀における漢詩と和歌の交渉 (2)
 3 新撰万葉研究の現状と問題点 (3)
 4 恋歌 一九九(歌)、二〇〇(詩) (4)
 5 恋歌 二〇一(歌)、二〇二(詩) (5)
 6 恋歌 二〇三(歌)、二〇四(詩) (6)
 7 恋歌 二〇五(歌)、二〇六(詩) (7)
 8 恋歌 二〇七(歌)、二〇八(詩) (8)
 9 恋歌 二〇九(歌)、二一〇(詩) (9)
 10 恋歌 二一一(歌)、二一二(詩) (10)
 11 恋歌 二一三(歌)、二一四(詩) (11)
 12 恋歌 二一五(歌)、二一六(詩) (12)
 13 恋歌 二一七(歌)、二一八(詩) (13)
 14 全員による討論 (14)
 15 前期総括 (15)
 ◇教科書:
   新編国歌大観『新撰万葉集』 初回のイントロダクションの時に配布する。
 ◇参考文献:
   髙野平『新撰万葉集に関する基礎的研究』(風間書房、一九七〇年)
   『新撰万葉集注釈』(和泉書房、二〇〇五)
   半澤幹一・津田潔著『対釈新撰万葉集』(勉誠出版、二〇一五年)
 ◇履修条件:
   受講希望者は「古代日本と外来文化b」を併せて取るのが望ましい。読むべき資料は予め配布するので、必ず予習してから授業に臨むこと。
 ◇成績評価:
   出席(30%)、授業態度(20%)、レポート(50%)


日中比較文化論b
 ◇講義題目:古代日本と外来文化
 ◇担当教員:胡 潔(後期、木4、全学棟北棟107)
 ◇オフィス・アワー:木(16:30~17:30)
◇授業の目的:
 古代日本の文字表記、政治制度、文芸表象などの諸事象から、古代日本と外来文化の関係を探求する。主に古代日本と古代中国の文化的交渉の諸問題を取り扱うが、単に両国の文化の相違点を洗い出すのみならず、文化要素の流動、衝突、融合の過程を観察する方法を学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 作品の背後にある社会状況、異文化との交流に注意しながら、テキストを正確に読解し、そこから問題を発見する能力を養う。参加者は一つのトピックに関する先行研究を事前に読み、その方法や発想を学びながら、自分の見解を提示できる力を身に付ける。古代日本の文化的特徴を理解するために不可欠な原典読解力と問題発見力、そして問題を解決する応用力を培うのがこの授業の目標である。

◇授業内容:
 今年度(aとb)では、平安時代の私撰集『新撰万葉集』上巻の恋歌を取り上げる。九世紀後半に成立したこの作品は文学史的に見ても極めて重要な転換点に位置している。万葉仮名で表記された和歌にその歌意を表した七言絶句の漢詩を配する体裁は、九世紀の和歌と漢詩の交渉の姿を象徴的に示している。和歌と漢詩のそれぞれが持つ表現類型と影響関係に注目しつつ読み進める。受講者による発表を中心に進めるが、講師によるレクチャーと全員による討論を適宜組み合わせる。最初の三回は講師によるレクチャーで、九世紀の文学史的状況と『新撰万葉集』研究史について紹介し、受講者と相談しながら担当を割り振る。受講者は担当部分に関する資料を収集し、註釈書などを参照しながら的確に議論を組み立て発表する。資料調査、発表と全体討論時の議論を通じて、比較研究の方法を身につける。テキストは『新編国歌大観』に収録されている『新撰万葉集』を用いる。

 1 イントロダクション (1)
 2 九世紀における漢詩と和歌の交渉 (2)
 3 新撰万葉研究の現状と問題点 (3)
 4 恋歌 二一九(歌)、二二〇(詩) (4)
 5 恋歌 二二一(歌)、二二二(詩) (5)
 6 恋歌 二二三(歌)、二二四(詩) (6)
 7 恋歌 二二五(歌)、二二六(詩) (7)
 8 恋歌 二二七(歌)、二二八(詩) (8)
 9 恋歌 二二九(歌)、二三〇(詩) (9)
 10 恋歌 二三一(歌)、二三二(詩) (10)
 11 恋歌 二三三(歌)、二三四(詩) (11)
 12 恋歌 二三五(歌)、二三六(詩) (12)
 13 恋歌 二三七(歌)、二三八(詩) (13)
 14 全員による討論 (14)
 15 後期総括 (15)
 ◇教科書:
   新編国歌大観『新撰万葉集』 初回のイントロダクションの時に配布する。
 ◇参考文献:
   髙野平『新撰万葉集に関する基礎的研究』(風間書房、一九七〇年)
   『新撰万葉集注釈』(和泉書房、二〇〇五)
   半澤幹一・津田潔著『対釈新撰万葉集』(勉誠出版、二〇一五年)
 ◇履修条件:
   受講希望者は「古代日本と外来文化a」を併せて取るのが望ましい。資料は予め配布するので、必ず予習してから授業に臨むこと。
 ◇成績評価:
   出席(30%)、授業態度(20%)、レポート(50%)で評価する。


日韓比較文化論a
 ◇講義題目:日韓の巫俗(シャーマニズム)文化を比較する
 ◇担当教員:浮葉正親(前期、水2、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜日(13:30〜15:30)
◇目的・ねらい:
 宗教人類学のシャーマニズム研究の視点から、日韓の巫俗文化を比較する。特に、神霊とのコミュニケーションの方法や神意を伝達する宗教的職能者の社会的な位相の違いに注目する。この授業を通して、異文化を理解する柔軟な感性と複眼的な思考を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 1.オリエンテーション
 2.シャーマニズムと巫俗:用語の整理
 3.シャーマニズム研究の歴史:エリアーデの学説をめぐって
 4.日本の巫俗文化:祭りと「神がかり」
 5.柳田国男「巫女考」と「日本の祭」
 6.中山太朗『日本巫女史』
 7.映画「イザイホウ 神の島・久高島」について
 8.ビデオ「ふるさとの伝承 恐山」
 9.韓国の巫俗文化:ムーダンとその儀礼(クッ)
 10.映画「結界の男」に描かれた男巫
 11.ドラマ「王花の仙女様」に描かれた降神巫
 12.日本人研究者による韓国の巫俗研究
 13.秋葉隆『朝鮮巫俗の現地的研究』
 14.李能和『朝鮮女俗考』
 15.まとめ
 ◇教科書:
   なし。授業では参考文献のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   岡部隆志・斎藤英喜・津田博幸・武田比呂男『シャーマニズムの文化学』森話社
   萩原秀三郎『神樹』小学館
   崔吉城『恨(ハン)の人類学』平河出版社
   野村伸一『巫(かんなぎ)と芸能のアジア 芸能者とは何をするのか』中公新書
   ミリチア・エリアーデ『シャーマニズム 古代的エクスタシー技術(上)(下)』ちくま学芸文庫
   ミハーイ・ホッパール『シャーマニズムの世界』青土社
 ◇履修条件:
   特になし。日韓比較文化論bとは独立した科目なので、どちらか一方のみの受講も可。
 ◇成績評価:
   期末レポート(50%)、課題文献の発表とレジュメ(30%)、発言を含めた授業への貢献度(20%)


日韓比較文化論b
 ◇講義題目:日本の祭りを読み解く
 ◇担当教員:浮葉正親(後期、水2、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜日(13:30〜15:30)
◇目的・ねらい:
 日本民俗学の創始者である柳田国男とその高弟でもありライバルでもあった折口信夫。二人の研究の対比しながら、そのような狭い枠組を超えて東アジアにおける比較民俗学の可能性を提唱した、鈴木満男の研究をふり返る。祭りの根源に芸能の発生を見ようとした折口の芸能学を比較民俗学の視点で捉え直すことはできないのか、鈴木の著作を手がかりに検討していく。この授業を通して、広い視野から「日本」を捉える柔軟な感性と複眼的な思考を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 1.オリエンテーション
 2.柳田國男「祭から祭礼へ」『日本の祭』
 3.安藤礼二「祝祭の論理」角川文庫『日本の祭』解説
 4.鈴木満男『柳田・折口以後』(1)はじめに、第1章、第2章
 5.映画「土俗の乱声」(1)
 6.映画「土俗の乱声」(2)
 7.折口信夫「山の霜月舞——花祭解説」
 8.NHKふるさとの伝承「神と鬼と人が舞う」
 9.映画「冬の夜の神々の宴 遠山の霜月祭」
 10.鈴木満男『柳田・折口以後』第6章
 11.鈴木満男『柳田・折口以後』第7章
 12.映画「恨 芸能曼荼羅」(1)
 13.映画「恨 芸能曼荼羅」(2)
 14.安藤礼二『神々の闘争』
 15.まとめ
 ◇教科書:
   なし。授業では参考文献のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   鈴木満男『柳田・折口以後』世界書院
   安藤礼二『折口信夫芸能論集』講談社文芸文庫
   安藤礼二『神々の闘争』講談社
 ◇履修条件:
   特になし。日韓比較文化論aとは独立した科目なので、どちらか一方のみの受講も可。
 ◇成績評価:
   期末レポート(50%)、課題文献の発表とレジュメ(30%)、発言を含めた授業への貢献度(20%)


比較日本文化学特論a
 ◇講義題目:『今昔物語集』を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(前期、金4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 『今昔物語集』は、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)の三部で構成される院政期の説話集である。そして、各部では先ず因果応報譚などの仏教説話が紹介される。今年度は、「本朝付仏法」から、不思議を表す説話を取り上げ、院政期の人々の世界観を考察したいと考える。このような説話には、仏法と対立する天狗などの存在も描かれるが、高僧が死ぬ直前に、小さな我欲を持ったために蛇に生まれ変わるなどの哀しい説話も描かれる。そこで、様々な動物や天狗などの異形がどのように扱われ、どのような存在であったか、さらに無常観や死生観などの中世の思想がどのように構成されているのか、地獄や浄土とは、当時の人々にとって、如何なる存在であったのかなどの検討を行う。このような分析から導き出された結果や受講生との討論から、中世説話集の豊かな創造性を明らかにすることが授業の最終目的となる。
◇授業内容:
 この説話集は、室町時代に発展する「異類物」をテーマとする御伽草子、謡曲・狂言、絵巻などにも大きな影響を与えている。この点を踏まえ、中世初期から中世後期の歴史的、思想的変化に伴う物語の変化がどのように起こっていったか、どのように構想されたのかも考察する。そこで、取り上げる説話は、法華経、観世音菩薩や地蔵菩薩の霊験譚、僧侶や俗人の往生譚、冥界の往還、因果応報、奇異譚、天狗、宿報譚、変化、動物譚などを中心とし、
 1.物語のモチーフの分類作業
 2.物語創作の歴史的背景
 3.社会的価値観の変化
 4.説話比較
 5.思想変容の考察
 などに区分し、この説話集の室町時代物語に与えた影響などを探る。また、授業中に、各自が与えられた説話を読み、現代日本語に訳し、発表を行う。
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『沙石集』などの中世説話集
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業中に適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、絵巻や奈良絵本などを実際に調査する機会を考えている。


比較日本文化学特論b
 ◇講義題目:「『今昔物語集』に描かれる病とその対処法」を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(後期、金4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 前期で講読した、仏教に関わる説話を踏まえ、説話集に描かれる様々な病の表現とその対処法を、中世に成立した絵巻の病の表現も含め考察する。特に病がどのように擬人化されて描かれたかを、説話集から抽出したいと考える。この授業の目的は、膨大な説話集に描かれる病の原因とその治療法を探ることであり、治療に使用された薬には、胡麻、米、瓜、鮎などもある。『今昔物語集』に描かれる治療薬には、異界との関連性を示す果物もあり、病と異界をどうとらえるか、また『医心方』との関連性を読み解くなど歴史背景も学ぶこととする。このように、中世の様々な文献から「病の表現」を探り、文学研究における歴史研究の重要性を問いたいと考える。また、その後の説話文学に与えた影響やその変化も授業の一環として解説する。
◇授業内容:
 『今昔物語集』を読み、「病の表現」を考察する。また、どのような食物、植物、さらに病そのものが、どう擬人化されたか、治療法としてどのような処置が挙げられているかを検討する。また、中世における「病」とは、何であったのかを明らかにする。その上で、中世思想や近世における「病の表現」を歴史的、文学史的に考察する。
 1.「童子」の姿で描かれる病
 2.薬にされた虫達
 3.病と死や異界
 4.「ものの怪」や蛇と病
 5. 肉食と経巻
 6. 薬、予言としての果物
 7. 霊と病
 などの分析を授業中に行いながら、『今昔物語集』において擬人化される様々な物が表す象徴性を考察する。なお、授業中に、最初に全体の流れを説明した上で、『今昔物語集』の説話をテーマごとに分類し、各自が興味を持つテーマにより発表を行うことから始める。

 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『医心方』など
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業中に適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。


比較芸術論a
 ◇講義題目:「図像学を学ぶ」Ⅰ
 ◇担当教員:伊藤信博(前期、火4、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 かつて美学の一領域において使用された「比較芸術」という表現は、現在では文化や分野を超える新たな領域研究の場として使用されている。しかしながら、多くの研究は、西洋美術との関係で生まれた近代日本美術やジャポニスム研究がその中心となっている。 そこで、東アジアにおける文人画や写生などの伝統を踏まえた、江戸時代における画の伝統を学ぶことにより、そのような文化の越境を考察する前段階としての日本の画の独自性を考察する。そして、文化を越境する比較芸術研究の基礎を学ぶことを目的とする。今学期の授業は、江戸時代における「描かれる生物」にその中心を置き、室町時代から続く「絵ものがたり」や「宗教画」の影響、さらに江戸時代後期における「狂歌」と融合したこの時代の新たな絵画創造に着目する。
◇授業内容:
 生物を描く江戸の作品から、先ず描かれた「不思議な動物達」を取り上げ、このような動物が描かれた経緯を歴史的に分析する。また、「異類」とは何かを江戸時代を中心に考察する。そして、
 1.象、駱駝、ヒクイドリの描かれ方
 2.異国趣味
 3.河童、人魚の描かれる系譜
 4.見世物としての動物
 5.博物学、物産学の発展と写実的な生物描写の関係性
 6.浮世絵に描かれる動物描写の技法
 などに区分し、江戸絵画後期の表現技法、歴史分析などを行う。なお、前年度後期に受講しなかった学生には、全体的な流れの説明を、随時行いながら、授業を進める予定である。
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『遠近法と絵画』、美術出版社
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業の経過のなかで適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、西尾市岩瀬文庫で実際に博物学、物産学関連の書を調査する機会を考えている。


比較芸術論b
 ◇講義題目:「図像学を学ぶ」Ⅱ
 ◇担当教員:伊藤信博(後期、火4、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 かつて、美学の一領域においてのみ使用された「比較芸術」という表現は、現在では文化や分野を超える新たな領域研究の場として使用されている。この授業では、そのような文化の越境を考察する前段階として、日本で独自に発展し、洗練された表現を持つに至った絵巻から、ストーリーをどのように印象深く読み手に伝えるか、さらに臨場感や演出法がどのような技術によって表現されているかを学ぶことで、文化を越境する比較芸術研究の基礎を学ぶ。また、これらの絵巻から発展した明治時代における「絵入り昔話」にも着目し、絵巻の手法が「絵入り昔話」にどのように利用されているかも検討する。
◇授業内容:
 「絵巻」あるいは「絵巻物」は、横長の巻物に描かれる画とそれに対応する詞書からなる絵画作品である。これらの作品は、「物語絵巻」、「説話絵巻」、「合戦絵巻」、「縁起絵巻」、「経典絵巻」、「伝記絵巻」などに分類できる。授業では、これらの絵巻の代表的な作品を見ながら、鑑賞法、時間と空間展開、歴史資料としての価値などの解説を行う。また、中央図書館貴重室で、実際に絵巻を調査する時間を設ける。そして、
 1.心理表現に関する技法
 2.俯瞰描写
 3.反復描写
 4.異時同図法
 5.音声の表現法
 6.画中詞の表現法
 などに区分し、絵巻全般の技法や遠近法、さらに歴史的に変化する表現技法、近世、近代絵画、絵ものがたりに与えた影響などを探る。特に今年度は、『図像学入門』(勉誠出版)を使用し、涅槃図、仏像、曼荼羅、六道絵、天神像などの成立を学んだ後に、絵巻などの成立史を具体的に学ぶ。

 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『遠近法と絵画』、美術出版社、『図説、日本の昔話』、河出書房新社
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業の経過の中で適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、授業中に、絵巻の巻き方なども含めた具体的な訓練も行う。中央図書館貴重室での絵巻調査も行う。




現 代 日 本 語 学 講 座
現代日本語学概論a
 ◇講義題目:認知言語学の基礎
 ◇担当教員:籾山洋介(前期、木・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:火(13:00~14:30)
◇目的・ねらい:
 認知言語学の枠組みで現代日本語(特に意味と文法に関わること)を分析するための基礎力を身に付けることを目指す。特に、取り上げるのは、「認知言語学の基本的な考え方」「捉え方に基づく諸表現」「カテゴリーの伸縮」「百科事典的意味観」「概念メタファーの展開」などである。さらに、認知言語学の応用の一例として、「流行語」に対する認知言語学に基づく考察を取り上げる。この種の例を、提出を求めるレポートを作成する際の参考とし、認知言語学の方法を現代日本語の分析に応用する力を身に付けることを目指す。以上のように、この授業の最終的な目標(ねらい)は、認知言語学に基づく現代日本語の研究のための基礎力と応用力を身に付けることである。
◇授業内容:
 1)導入
 2)認知言語学の基本的な考え方(1)
 3)認知言語学の基本的な考え方(2)
 4)1つの事態に対する多様な捉え方
 5)視点と焦点の転換
 6)カテゴリーの伸縮とシネクドキー
 7)文法化
 8)百科事典的意味の射程(1)
 9)百科事典的意味の射程(2)
 10)概念メタファー
 11)プラマイリー・メタファー
 12)メンタル・スペース
 13)ブレンディング理論
 14)流行語の認知言語学(1)
 15)流行語の認知言語学(2)
 ◇教科書:
   籾山洋介(2014)『日本語研究のための認知言語学』研究社
 ◇参考文献:
   参考文献は授業の際に提示する。
 ◇履修条件:
   上記の教科書を熟読して授業に臨むこと。また、認知言語学の基礎知識が十分でない人は、授業と平行して、前期の間に最低限以下の文献を読むこと。
    籾山洋介(2002)『認知意味論のしくみ』研究社
    籾山洋介(2006)「1-8.認知言語学」、『言語科学の百科事典』、pp.157-177、丸善株式会社
    籾山洋介(2010)『認知言語学入門』研究社
 ◇成績評価:
   1.授業への貢献度(平常点)[30%]
   2.レポート(2回):課題等の詳細は後日知らせる/1回目[30%]、2回目[40%]


現代日本語学概論b
 ◇講義題目:百科事典的意味観の射程
 ◇担当教員:籾山洋介(木・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:火(13:00~14:30)
◇目的・ねらい:
 この授業の目的は、「百科事典的意味観」について多角的かつ的確に理解し、その考え方に基づく言語の具体的な分析方法を学ぶことである。特に、百科事典的意味観とは、どのような特徴を有するものであるか、意味研究(の歴史)の中でどのように位置づけられるか、言語表現の分析・記述においてどのような点で有効であるかなどについて、具体的に学ぶ。この授業の最終的な目標(ねらい)は、百科事典的意味観に基づき、現代日本語の語、メタファー、直喩(シミリー)などについて分析・記述ができる実践力を身につけることである。
◇授業内容:
 1~6回目:「百科事典的意味観」について、下記の文献(教科書)などに基づき、多角的に学ぶ。
 1)百科事典的意味とは
 2)指示対象の特徴/指示対象に対する捉え方
 3)フレームの想起
 4)一般性の程度が完全でない意味
 5)直喩の理解に必要な一般性の程度が完全でない意味
 6)百科事典的意味観の位置付け

 7~10回目:受講者の発表①(受講者の発表とディスカッションに基づき、認知言語学の基礎を確認する。なお、発表内容は、原則として、「現代日本語学概論a」において提出したレポートの内容に基づくもの)。
 7)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(1)
 8)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(2)
 9)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(3)
 10)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(4)

 11~15回目:受講者の発表②(受講者各自が、百科事典的意味観に基づき、現代日本語について記述・分析し、発表する。発表後、ディスカッションを行う)。
 11)受講者による百科事典的意味に関する発表と議論(1)
 12)受講者による百科事典的意味に関する発表と議論(2)
 13)受講者による百科事典的意味に関する発表と議論(3)
 14)受講者による百科事典的意味に関する発表と議論(4)
 15)受講者による百科事典的意味に関する発表と議論(5)
 ◇教科書:
   籾山洋介(2010)「百科事典的意味観」、山梨正明他(編)『認知言語学論考』No.9、pp.1-37、ひつじ書房
   籾山洋介(近刊)「ステレオタイプの認知意味論」、山梨正明他(編)『認知言語学論考』No.13、ひつじ書房
 ◇参考文献:
   籾山洋介(2010)「百科事典的意味とメタファー」、上野善道(監修)『日本語研究の12章』、pp.253-265、明治書院
   籾山洋介(2014)「百科事典的意味における一般性が不完全な意味の重要性」、『日本認知言語学会論文集』14、pp.661-666、日本認知言語学会
   その他の参考文献は授業の際に提示する。
 ◇履修条件:
   原則として、「現代日本語学概論a」を受講していること。そうでない人は、「現代日本語学概論a」の内容と同等の知識を有していること。
 ◇成績評価:
   1)授業への貢献度(発表・平常点)[40%]
   2)レポート(1回)[60%]:授業で「百科事典的意味」について発表した受講者は、その内容をまとめればよい。


日本語文法論a
 ◇講義題目:日本語文法教育論
 ◇担当教員:李 澤熊(前期、金・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:金(9:00~10:00)国際言語センター棟4階406研究室
       (TEL:789-4189(研究室)、E-mail:leetack@iee.nagoya-u.ac.jp)
◇授業内容:
<講義目的>
 本講義では、現代日本語の文法にかかわるトピックを取りあげ、具体例をあげながら分析・考察する。特に接続詞(接続表現)、助詞(相当句)、モダリティ表現を中心に詳しく論じる。また、各種テキストや文法解説書などの記述を踏まえ、より適切な文法記述を提案し、文法教育への効果的な応用、実用的な文法指導の方法を探る。
<講義内容>
 1)~4)
  ・接続詞(接続表現)について(概説)
  ・助詞(相当句)について(概説)
  ・「は」と「が」の問題(文法教育への応用)
 5)~8)
  ・「そして・それから・それに」の分析
  ・「それで・そこで」の分析
  ・「場所を・場所に・場所から」の分析
  ・「人と・人と一緒に/人と・人に」の分析
 9)~11)
  ・モダリティ表現(概説)
  ・「~と思う・~つもりだ・~予定だ」の分析
  ・「~なければならない・~べきだ・~ざるを得ない・~ずにはいられない」の分析
  ・「伝聞形式(~そうだ・~と言っていた・~って)」の分析
 12)~15)
  ・クラス発表/討論会
 ◇教科書:
   ハンドアウトを配布する
 ◇参考文献:
   国立国語研究所(1978,1981)『日本語の文法 上・下』
   近藤安月子・姫野伴子(2012)『日本語文法の論点43』研究社
   高見健一(2011)『受身と使役』開拓社
   寺村秀夫(1982,1984)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ・Ⅱ』くろしお出版
   仁田義雄(2007)『日本語の文法カテゴリをめぐって』ひつじ書房
   仁田義雄(2010)『日本語文法の記述的研究を求めて』ひつじ書房
   日本語記述文法研究会編(2003~2010)『現代日本語文法①~⑥』くろしお出版
   野田尚史(1991)『はじめての人の日本語文法』くろしお出版
   野田尚史(1996)『「は」と「が」』くろしお出版
   野田尚史(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版
   益岡隆志・田窪行則(1992)『基礎日本語文法-改訂版-』くろしお出版
   益岡隆志(1993)『24週日本語文法ツアー』くろしお出版
   宮島達夫・仁田義雄(編)(1995)『日本語類義表現の文法 上・下』くろしお出版
   森篤嗣・庵功雄(2011)『日本語文法教育のための多様なアプローチ』ひつじ書房
   森山卓郎(2000)『ここからはじまる日本語文法』ひつじ書房
   森田良行(2002)『日本語文法の発想』ひつじ書房
   高橋太郎(2003)『動詞九章』ひつじ書房
   村田美穂子編(2005)『文法の時間』至文堂
   その他の参考文献は、必要に応じて授業中に紹介する
 ◇授業方法:
   講義、クラス発表・討論、文献講読
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加度(20%)、口頭発表(30%)、レポート(50%)
   ※欠席回数が多いと不可
 ◇その他:
   日本人にとって日本語は無意識のうちに身につけた、いわゆる「母語」である。つまり、空気と同じように存在しないのと同様なものだと考えられる。だから、日常の意識ではそもそも問題にならないわけだし、当たり前のことをわざわざ問題にするということも普通はしないと考えられる。しかし、日本語教育学の世界ではその当たり前のようなことがたびたび問題になったりする。普段日本人がなかなか気づきにくい日本語の様々な現象に気づくということはこの学問分野では非常に大切なことである。そういった現象に気づくためには、日本語を客観的な立場から観察する力を身につける必要がある。そういったことを常に念頭におきながら日本語に接してほしい。


日本語文法論b
 ◇講義題目:日本語文法教育論
 ◇担当教員:李 澤熊(後期、金・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:金(9:00~10:00)国際言語センター棟4階406研究室
       (TEL:789-4189(研究室)、E-mail:leetack@iee.nagoya-u.ac.jp)
◇授業内容:
<講義目的>
 本講義では、現代日本語の文法にかかわるトピックを取りあげ、具体例をあげながら分析・考察する。特にテンス・アスペクトとヴォイスを中心に詳しく論じる。また、各種テキストや文法解説書などの記述を踏まえ、より適切な文法記述を提案し、文法教育への効果的な応用、実用的な文法指導の方法を探る。
<講義内容>
 1)~2)
  ・日本語教育のための文法(概説)
 3)~5)
  ・指示詞の問題
  ・終助詞の問題
 6)~8)
  ・受身表現の問題
  ・使役/使役受身表現の問題
 9)~11)
  ・テンス/アスペクトについて(概説)
  ・テンス/アスペクト表現(類義表現)の分析
 12)~15)
  ・クラス発表/討論会
 ◇教科書:
   ハンドアウトを配布する
 ◇参考文献:
   国立国語研究所(1978,1981)『日本語の文法 上・下』
   近藤安月子・姫野伴子(2012)『日本語文法の論点43』研究社
   高見健一(2011)『受身と使役』開拓社
   寺村秀夫(1982,1984)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ・Ⅱ』くろしお出版
   仁田義雄(2007)『日本語の文法カテゴリをめぐって』ひつじ書房
   仁田義雄(2010)『日本語文法の記述的研究を求めて』ひつじ書房
   日本語記述文法研究会編(2003~2010)『現代日本語文法①~⑥』くろしお出版
   野田尚史(1991)『はじめての人の日本語文法』くろしお出版
   野田尚史(1996)『「は」と「が」』くろしお出版
   野田尚史(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版
   益岡隆志・田窪行則(1992)『基礎日本語文法-改訂版-』くろしお出版
   益岡隆志(1993)『24週日本語文法ツアー』くろしお出版
   宮島達夫・仁田義雄(編)(1995)『日本語類義表現の文法 上・下』くろしお出版
   森篤嗣・庵功雄(2011)『日本語文法教育のための多様なアプローチ』ひつじ書房
   森山卓郎(2000)『ここからはじまる日本語文法』ひつじ書房
   森田良行(2002)『日本語文法の発想』ひつじ書房
   高橋太郎(2003)『動詞九章』ひつじ書房
   村田美穂子編(2005)『文法の時間』至文堂
   その他の参考文献は、必要に応じて授業中に紹介する
 ◇授業方法:
   講義、クラス発表・討論、文献講読
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加(20%)、口頭発表(30%)、レポート(50%)
   ※欠席回数が多いと不可


日本語語彙論a
 ◇講義題目:語彙研究の諸相
 ◇担当教員:永澤 済(前期、月・3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:月(15:00~16:30)
◇目的・ねらい:
 語彙研究の対象と到達点を知り、今後の研究に発展させる。
◇授業内容:
 初回に語彙論の基礎を講師が解説する。第2回以降は『これからの語彙論』からトピックを選び、担当者による発表、講師からの問題提起、全員でのディスカッションにより考察を深めていく。取り上げるトピックは「文献学と語彙」「民俗学と語彙」「文法論と語彙」「文章論・文体論と語彙」「認知言語学・語用論と語彙」「文字・表記論と語彙」「フェミニズムと語彙」「日本語教育と語彙」「国語辞典と語彙」「コーパス言語学と語彙」。担当者は、関連資料や自身の研究をもとに発表する。第2回・第3回は講師が担当する予定。
 ◇教科書:
   斎藤倫明・石井正彦(編)『これからの語彙論』(ひつじ書房,2011)
 ◇参考文献:
   授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   口頭発表とレポートによる。自らの視点で考察・分析する姿勢を重視する。


日本語語彙論b
 ◇講義題目:近代日本語教科書を読む
 ◇担当教員: 永澤 済(後期、月・3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:月(15:00~16:30)
◇目的・ねらい:
 幕末明治期に日本人によって書かれた日本語教科書と、アメリカ人宣教師によって書かれた日本語教科書を対比的に読むことを通して、現代日本語および日本語教育への示唆を得たい。
◇授業内容:
 次の2冊を演習形式で読む。初回・第2回に読解の前提事柄を講師が解説し、各回の担当を決める。第3回以降は、担当者による発表と全員でのディスカッションにより読解と分析を進める。担当者は、異なる版や関連資料にもあたり、課題をみつけて考察する。
 Baba, Tatui. *An elementary grammar of the Japanese language: with easy progressive exercises*. London: Trübner, 1873.
 Brown, S.R. *Colloquial Japanese, or conversational sentences and dialogues in English and Japanese, together with an English-Japanese index to serve as a vocabulary, and an introduction on the grammatical structure of the language*. Shanghai: Presbyterian Mission Press, 1863.
(いずれも、李長波(編・解説)『近代日本語教科書選集』第1巻,クロスカルチャー出版,2011.所収)
 ◇教科書:
   上記のとおり。必要な資料はマスターコピーを用意する。
 ◇参考文献:
   授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   口頭発表とレポートによる。一次資料を自らの視点で読み分析する姿勢を重視する。




日 本 語 教 育 方 法 論 講 座
日本語教育方法論概説a
 ◇講義題目:教室場面における課題遂行過程の質的分析
 ◇担当教員:衣川隆生(前期、木1、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:木(10:30〜12:00)
◇目的・ねらい:
 読解や視聴解等の課題遂行能力の育成を目的とした教室場面において、学習者はどのように理解を構築しているのか、その課題遂行過程でどのような要因が理解を促進したり阻害したりするのか、協働で活動を行うことは理解構築にどのような影響を与えるのかについて先行研究に基づき検討する。さらに教室場面において収集された資料、調査を実施して収集した資料を分析し、その結果を記述する方法を身につける。
◇授業内容:
 1. オリエンテーション(課題遂行過程を体験する)
 2. 実践研究とは
 3. 課題遂行課程とその課題遂行に影響を与える諸要因
 4. 実践研究事例の検証
 5. 質的分析の手法
 6. 教室場面における課題遂行過程の質的分析
 7. 分析結果の共有と検討
 8. 記述の方法
 ◇参考文献:
   下記の資料以外にも、講義で適宜紹介する。
   細川英雄・三代純平(編)(2014)『(日本語教育学研究 ; 4)実践研究は何をめざすか : 日本語教育における実践研究の意味と可能性』ココ出版
   舘岡洋子(2005)『ひとりで読むことからピア・リーディングへ-日本語学習者の読解過程と対話的協働学習』東海大学出版
   舘岡洋子(2008)「協働による学びのデザイン-協働的学習における「実践から立ち上がる理論」-」細川英雄編著『ことばの教育を実践する・探求する−活動型日本語教育の広がり』凡人社, pp.41-56.
   佐藤公治(1996)『認知心理学からみた読みの世界-対話と協同的学習をめざして-』北大路書房
 ◇履修条件:
   授業では事前課題に基づく資料購読と課題提出、事前課題に基づく話し合いを中心に進める。後半は課題遂行過程の分析、レポート作成を協働で行い、相互にフィードバックを行いながら研究レポートを作成する。グループ・ワークに積極的に参加すること。
 ◇成績評価:
   課題(40%)、最終レポート(20%)、ふりかえりシート(20%)、授業時の参加度(20%)


日本語教育方法論概説b
 ◇講義題目:言語学習における自律学習能力とメタ認知
 ◇担当教員:衣川隆生(後期、木1、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:木(10:30〜12:00)
◇目的・ねらい:
 自己調整学習、自律学習、学習者オートノミーの育成を目的とした教室場面において、学習者はどのようなメタ認知知識を利用してメタ認知活動を行っているのか、相互評価等の協働作業はメタ認知能力の向上どう影響するのかについて先行研究に基づき検討する。さらに教室場面において収集された資料、調査を実施して収集した資料を分析し、その結果を記述する方法を身につける。
◇授業内容:
 1. オリエンテーション(協働作業を体験する)
 2. 自己調整学習、自律学習、学習者オートノミーとは
 3. メタ認知とは
 4. 実践研究事例の検証
 5. 質的分析の手法
 6. 教室場面における協働作業の質的分析
 7. 分析結果の共有と検討
 8. 記述の方法
 ◇参考文献:
   下記の資料以外にも、講義で適宜紹介する。
   三宮真智子(編著)(2008)『メタ認知-学習力を支える高次認知機能』北大路書房
   佐藤礼子(2012)「日本語教育における自己調整学習」『自己調整学習-理論と実践の新たな展開へ-』北大路書房, pp.225-239.
   伊藤崇達(2009)『自己調整学習の成立過程-学習方略と動機付けの役割-』北大路書房.
   青木直子・中田賀之(編)(2011)『学習者オートノミー : 日本語教育と外国語教育の未来のために』ひつじ書房
 ◇履修条件:
   授業では事前課題に基づく資料購読と課題提出、事前課題に基づく話し合いを中心に進める。後半は課題遂行過程の分析、レポート作成を協働で行い、相互にフィードバックを行いながら研究レポートを作成する。グループ・ワークに積極的に参加すること。
 ◇成績評価:
   課題(40%)、最終レポート(20%)、ふりかえりシート(20%)、授業時の参加度(20%)


コンピュータ支援日本語教育方法論a
 ◇講義題目:コンピュータ日本語教材開発
 ◇担当教員:石崎俊子(前期木・4、留学生センター(206))
 ◇オフィス・アワー:水と金(13:00-14:00) またはメールで相談
◇講義目的:
 現存のコンピュータ支援日本語学習教材を分析及び実践の計画を立てることによりコンピュータ教材の本質を知り、教材の動画の企画、撮影、編集を通してマルチメディア教材開発の能力を得ることが出来る。
◇授業内容:
 1.授業の説明
 2.CALL教材の評価1
 3.CALL教材の評価2
 4.CALL教材を基にした教案作り
 5.動画の内容についてディスカッション
 6.動画のスクリプトの作成1
 7.動画のスクリプトの作成2
 8.動画の絵コンテの作成
 9.動画の絵コンテの作成、撮影の準備
 10.撮影
 11.編集1
 12.編集2
 13.編集3
 14.編集4
 15.発表と評価
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   必要に応じて紹介
 ◇履修条件:
   コンピューター操作とワープロソフトの基本的な知識+技能が必要
 ◇成績評価:
   授業、プロジェクトへの参加態度およびパフォーマンス(40%)、プロジェクト(60%)から総合的に評価します。プロジェクトは指定された日までに指定された形式で提出すること。遅れると減点されます。


コンピュータ支援日本語教育方法論b
 ◇講義題目:コンピュータ日本語教材開発
 ◇担当教員:石崎俊子(後期 木・4、留学生センター(206))
 ◇オフィス・アワー:水と金(13:00-14:00) またはメールで相談
◇講義目的:
 WWWとパワーポイント及びソフトウエアを利用した教材作成の方法を学び、その知識を駆使してコンピュータ支援日本語学習教材の開発を行う。どのような場合にどのような媒体をどのように利用すれば効果的な教材を開発することができるかという能力を得ることが出来る。
◇授業内容:
 1.WWWによる教材作成1
 2.WWWによる教材作成2
 3.WWWによる教材作成3
 4.WWWによる教材作成4
 5.WWWによる教材作成 発表と評価
 6.パワーポイントによる教材作成1
 7.パワーポイントによる教材作成2
 8.マルチメディア教材作成(音声)
 9.パワーポイントによる教材作成3
 10.パワーポイントによる教材作成4
 11.パワーポイントによる教材作成 発表と評価
 12.プロジェクト1
 13.プロジェクト2
 14.プロジェクト3
 15.プロジェクト発表
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   必要に応じて紹介
 ◇履修条件:
   コンピューター操作とワープロソフトの基本的な知識+技能が必要
 ◇成績評価:
   授業、プロジェクトへの参加態度およびパフォーマンス(20%)、プロジェクト3つ(80%)から総合的に評価します。プロジェクトは指定された日までに指定された形式で提出すること。遅れると減点されます。


日本語教育工学a
 ◇講義題目:日本語教師のための教育工学の理論と教育メディアの活用
 ◇担当教員:佐藤弘毅(前期・木曜・6限・アジア法交流館日本語演習室7)
 ◇オフィス・アワー:随時(適宜授業で案内する)
◇目的・ねらい:
 教育工学的な見方・考え方を日本語教育に取り入れるための科目である。日本語教師が授業の中で主体的に各種教育用情報メディア(以下、教育メディア)を活用するための基礎的な知識や技術を学ぶ。
◇授業内容:
 授業の前半で講義形式による教育工学の最新の理論を紹介し、後半でその理論を活かした教育メディアの活用演習を行う。日本語教育工学aでは特に、教育工学の歴史をたどりながら、最近の日本語教育でよく活用されている基本的な教育メディアの使い方を考える。以下の内容について、左側が取り上げる教育工学の理論、右側がそれに関連する教育メディアの活用演習である。なお、以下の予定は、受講者のスキルや要望に応じて変更する可能性がある(授業時に適宜相談・案内する)。

 01. オリエンテーション(教育工学とは何か)
 02. 情報メディアの特性と批判的思考 (1) - インターネットによる教材の収集
 03. 情報メディアの特性と批判的思考 (2) - インターネットによる教材の収集
 04. 情報メディアの特性と批判的思考 (3) - インターネットによる教材の収集
 05. 行動主義と認知主義による学習理論 (1) - e-ラーニングシステム(CMS)を用いたチュートリアルの作成
 06. 行動主義と認知主義による学習理論 (2) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 07. 行動主義と認知主義による学習理論 (3) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 08. 行動主義と認知主義による学習理論 (4) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 09. 社会構成主義の理論と状況的学習 (1) - ソーシャルメディア(SNS)を通じた議論
 10. 社会構成主義の理論と状況的学習 (2) - ソーシャルメディアを通じた議論
 11. 社会構成主義の理論と状況的学習 (3) - ソーシャルメディアを通じた議論
 12. 存在感(social presence)の理論と動機づけ (1) - e-ラーニング(オンラインコース)のデザイン
 13. 存在感の理論と動機づけ (2) - e-ラーニングのデザイン
 14. 存在感の理論と動機づけ (3) - e-ラーニングのデザイン
 15. 成果発表とまとめ
 ◇教科書:
   教師作成の配付資料およびスライド(授業用Webページに掲載予定)
 ◇参考文献:
   「教育工学への招待」,赤堀侃司(著),ジャストシステム
   「状況に埋め込まれた学習」,J. Lave & E. Wenger(著),佐伯胖(訳),産業図書
   「E-Learning in the 21st Century」,D. R. Garrison & T. Anderson(著),RoutledgeFalmer
   他、適宜授業で紹介する
 ◇履修条件:
   授業ではPCを使用した演習を行う。コンピュータに関する高度な知識や操作技術は必要ないが、PC(Windows)の基本的な操作(起動、終了、キーボード入力等)には慣れていること。また、基本的なアプリケーション(ワープロソフト、表計算ソフト等)が使用できること。必ずしも受講者各自がPCを持参する必要はないが、授業用Webページ等による支援と課題を予定している為、授業外で使用できるPCおよびインターネット環境があることが望ましい。
 ◇成績評価:
   授業の参加度(授業内での議論への参加や教育メディアの活用状況等、20%)
   授業後の感想提出(30%)
   演習課題(30%)
   最終課題(20%)


日本語教育工学b
 ◇講義題目:日本語教師のための教育工学の理論と教育メディアの活用
 ◇担当教員:佐藤弘毅(後期・木曜・6限・アジア法交流館日本語演習室7)
 ◇オフィス・アワー:随時(適宜授業で案内する)
◇目的・ねらい:
 教育工学的な見方・考え方を日本語教育に取り入れるための科目である。日本語教師が授業の中で主体的に各種教育用情報メディア(以下、教育メディア)を活用するための最新の知識や技術を知ると共に、それらを自身の実践に応用する方法を考える。
◇授業内容:
 授業の前半で講義形式による教育工学の最新の理論を紹介し、後半でその理論を活かした教育メディアの活用演習を行う。日本語教育工学bでは特に、最新の教育メディアである電子黒板、最新の教材作成ツールであるAdobe Flash、最新の理論であるデザインベースの研究方法論を取り上げ、日本語教育におけるそれらの活用を考える。以下の各回の内容について、左側が取り上げる教育工学の理論、右側がそれに関連する教育メディアの活用演習である。なお、取り上げる理論や教育メディアについては、最近の教育工学研究の動向、受講者のスキルや要望に応じて変更する可能性がある(授業時に適宜相談・案内する)。

 01. オリエンテーション(復習等)
 02. 視聴覚メディアの効果 (1) - 電子黒板を用いた模擬授業
 03. 視聴覚メディアの効果 (2) - 電子黒板を用いた模擬授業
 04. 視聴覚メディアの効果 (3) - 電子黒板を用いた模擬授業
 05. 視聴覚メディアの効果 (4) - 電子黒板を用いた模擬授業
 06. マルチメディアの効果 (1) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 07. マルチメディアの効果 (2) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 08. マルチメディアの効果 (3) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 09. オブジェクト指向の教材開発 (1) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 10. オブジェクト指向の教材開発 (2) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 11. オブジェクト指向の教材開発 (3) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 12. デザインベースの研究方法論(design-based research) (1) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 13. デザインベースの研究方法論 (2) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 14. デザインベースの研究方法論 (3) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 15. 成果発表とまとめ
 ◇教科書:
   教師作成の配付資料およびスライド(授業用Webページに掲載予定)
 ◇参考文献:
   「電子黒板・デジタル教材活用事例集」,赤堀侃司(編),教育開発研究所
   「電子黒板で授業が変わる」,清水康敬(編著),高陵社書店
   他、適宜授業で紹介する
 ◇履修条件:
   授業ではPCを使用した演習を行う。コンピュータに関する高度な知識や操作技術は必要ないが、PC(Windows)の基本的な操作(起動、終了、キーボード入力等)には慣れていること。また、基本的なアプリケーション(ワープロソフト、表計算ソフト等)が使用できること。必ずしも受講者各自がPCを持参する必要はないが、授業用Webページ等による支援と課題を予定している為、授業外で使用できるPCおよびインターネット環境があることが望ましい。
 ◇成績評価:
   授業の参加度(授業内での議論への参加や教育メディアの活用状況等、20%)
   授業後の感想提出(30%)
   演習課題(30%)
   最終課題(20%)


談話分析方法論a
 ◇講義題目:談話分析の基礎
 ◇担当教員:俵山雄司 (前期、月2、文系総合館623)
 ◇オフィス・アワー:月(14:45~16:15)
◇目的・ねらい:
 談話分析の論点を概観しながら、この分野における基礎的な知識と考え方を身に付ける。また、実際の研究論文を読むことで、談話分析の具体的な研究手法に対する理解を深める。
◇授業内容:
 1.談話分析の対象・目的
 2.談話分析と言語形式
 3.談話分析と韻律
 4.談話分析と談話構造
 5.談話分析と言語行動
 6.談話分析と会話管理
 7.談話分析と参与者
 8.制度的場面の分析
 9.対照研究としての分析
 10.接触場面の分析
 11.書き言葉の分析
 ◇教科書:
   資料を配布する。
 ◇参考文献:
   McCarthy, Michael.1992.Discourse Analysis for Language Teachers. Cambridge University Press.(安藤貞雄・加藤克美訳『語学教師のための談話分析』大修館書店)
   Cameron,Deborah.2001.Working with Spoken Discourse.Sage Publications Ltd.(林宅男監訳『話し言葉の談話分析』ひつじ書房)
   林宅男編著(2008)『談話分析のアプローチ-理論と実践-』研究社
   高崎みどり・立川和美(2008)『ここからはじまる文章・談話』ひつじ書房
   高崎みどり・立川和美(2010)『ガイドブック文章・談話』ひつじ書房
   Jaworski , Adam and Nikolas Coupland (eds.).2014.The Discourse Reader(3rd ed.). Routledge.
   その他、個別の論文については講義の中で紹介する(論文紹介で用いる研究論文は、昨年度からすべて入れ替えとなる。)
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加態度・貢献(25%)、論文紹介の口頭発表・ハンドアウト(50%)、最終レポート(25%)


談話分析方法論b
 ◇講義題目:談話分析の実践と応用
 ◇担当教員:俵山雄司(前期、月2、文系総合館623)
 ◇オフィス・アワー:月(14:45~16:15)
◇目的・ねらい
 談話データを収集し、それを分析するプロセスを通して、談話分析の実践的能力を身に付ける。今年度は、「談話の評価」を中心に、評価研究をテーマとして取り上げる。
◇授業内容:
 1.評価研究の関連文献講読
 2.データ収集計画の立案
 3.データの整理と保管
 4.研究テーマの設定と討論
 5.研究成果の発表と討論
 ◇教科書:
   宇佐美洋編(2016)『「評価」を持って街に出よう 「教えたこと・学んだことの評価」という発想を超えて』くろしお出版
    ※著者割引価格(定価の2割引き)で購入可能です。希望者は申し出てください。
 ◇参考文献:
   宇佐美洋(2014)『「非母語話者の日本語」はどのように評価されているか 評価プロセスの多様性をとらえることの意義』ココ出版
   野原ゆかり(2014)『日本語母語話者の話し言葉に対する母語話者評価の研究―日本語教育における評価のあり方を問い直す―』風間書房
   日本語教育基盤情報センター評価基準グループ(2009)『日本語学習者による言語運用とその評価をめぐる調査研究 :「日本語能力の評価基準・項目の開発」成果報告書(国立国語研究所報告129)』国立国語研究所
   その他、個別の論文については講義の中で紹介する。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加態度・貢献(25%)、論文紹介の口頭発表・ハンドアウト(25%)、研究成果の口頭発表・ハンドアウト(50%)




オ ム ニ バ ス 授 業
日本文化学概論
 ☆ 本授業科目は、2016年度は開講されません。




注 意 事 項
☆ 履修に当たっては「便覧」等を見て間違いのないようにすること。

集中講義
 ・ 予定なし


日言文教員の担当する「英語高度専門職業人コース」と兼用の授業
 ・ 詳しい内容は「英語高度専門職業人コース」のページを見てください。