松下千雅子研究室  名古屋大学国際言語文化研究科

 
 

松下研究室では文学と映像に関するクィア・リーディングをしています。文学・映像テクストのなかで同性愛者の存在や同性愛的な欲望が読み取れるのだとしたら、誰がどのようにしてそれを読み取るのか、そして、同性愛というアイデンティティはテクストにおいてどのようにして構築されていくのかを、テクストを丹念に読み解くことによって検証しています。

 

 研究室


  全学教育棟北棟205


 研究室メンバー


  藤井 爽(D3) アメリカ文学におけるジェンダー

  張 小青(D2) アジアのクィア映画研究

  趙 玲玲(M2) アメリカ映画におけるセクシュアリティ

  李 娜 (M2) 日本文学におけるジェンダー

      Glasspool, Lucy(研究生)日本のサブカルチャーにおけるジェンダー


 プロジェクト

   

  映像「アライ~allies~」制作(http://kansai-qff.org/2009/で上映)

  映像「ちがい≠わるい」 制作代表者:趙 玲玲

      第6回公共広告CM学生賞 奨励賞受賞)

      アジアンクィア映画祭 字幕翻訳

  

 修士論文


趙 玲玲. (2011). 『ブロークバック・マウンテン』の映画分析

・Fraser, Mami. (2010). Representation of sexual minorities in Japanese television dramas: VIolence, forced coming-out and elimination of desire.

張 小青. (2009). 映画・京劇・異性装.

Takahashi, Sumire. (2006). Fictional Revelations of schoolgirls’ struggles: Bullying and Sexuality in Suenobu Keiko’s Works.

服部 真沙子. (2006). 男性同性愛者に対する日本的表象ーー喜劇的異和分子としての「オカマ」

Aoyama, Chie. (2005). High school education and gender: A study of classrooms at Nagoya University School of Education Affiliated Upper Secondary School.

Kondo, Kaori. (2002). The stories of Hopelessville: Carver’s insight into interpersonal miscommunication.




名古屋大学大学院国際言語文化研究科国際多元文化専攻ジェンダー論講座


       

gender and sexuality studies

Chikako Matsushita, PhD, Nagoya University, Associate Professor in the Department of Gender Studies, Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University


E-mail  chika at nagoya-u.jp


→profile   →interview →research