自己紹介

  • 玉岡賀津雄(TAMAOKA, Katsuo)は,名古屋大学大学院国際言語文化研究科の教授で,言語心理学者として語彙の音韻・書字・意味・統語情報,句および文構造などの言語処理に関して広範囲の研究を行っている。単著および共著論文を,心理学分野では,Journal of Neurolinguistics, Journal of Psycholinguistic Research, Psychonomic Bulletin and Review, PLoS ONE, and Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition, Psychological Research, 心理学研究, 認知科学 などに,言語学分野では,Language, Lingua, Linguistic Inquiry, Journal of Japanese Linguistics, and Journal of Quantitative Linguistics, 言語研究, 計量国語学, 日本語教育, 日本語文法、レキシコンフォーラム, 小出記念日本語教育研究会論文集などに掲載している。詳細はこのホームページの「研究業績」を参照。


    更新情報

  • 以下の研究会および学会発表が予定されています。

    Language Variation and Change Network
    【Time】12:00 to 12:30, Saturday 27 May 2017
    【Place】Kumanosou Building. Yuda-Onsen, YamaguchiYamaguchi University (山口大学熊野荘-山口市熊野町)
    【Presentor】Katsuo Tamaoka (Professor, Nagoya University)
    【Title】Effects of voice and word order on post-head processing by L1 and L2 Japanese speakers

    韓國日本言語文化學會・2017年度春季國際學術大會
    【日時】2017年5月20日(土) 11:30-20:00
    【場所】世宗大學校 集賢館
    【発表者】大和祐子(大阪大学)・玉岡賀津雄・熊可欣・金志宣(名古屋大学)
    【テーマ】韓国人日本語学習者の漢字読み書き能力の特徴

    日本第二言語習得学会 第17回年次大会 The Japan Second Language Association - The 17th Annual Conference
    【日時, Day&Time】2017年6月3日(土)-6月4日(日), June 3 - June 4, 2017
    【場所, Place】静岡文化芸術大学 (静岡県浜松市中区中央2-1-1) 南棟
    South Bldg, Shizuoka University of Art and Culture (2-1-1 Chuo, Naka-ku, Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture)
    【発表者, Presenter】Tamaoka, Katsuo, Kim, Jeeseon, Mu, Xin & Mansbridge, Michael P. (Nagoya University)
    【テーマ, Title】Difficulty for Japanese second language (JSL) learners at the speech act level:
    Sensitivity to the Japanese politeness suffix -masu in embedded contexts

  • お問い合わせ

    TEL 052-789-4335
    E-mail:ktamaoka@lang.nagoya-u.ac.jp

    • 漢字変換
    • 日韓中同形二字漢字語データベース
    • 名古屋大学
    • Global30
    • 日本語教育学講座のページ