2017年度日本政府(文部科学省)奨学金による入学許可(研究留学生)について
在外の日本大使館または日本総領事館(以下、「在外公館」という)が実施する日本政府(文部科学省)奨学金留学生(研究留学生)の第1次選考合格者で、名古屋大学国際言語文化研究科からの入学許可(受入内諾書)を希望する方は、以下の要領で手続きしてください。

1.応募資格
在外公館における2017年度文部科学省奨学金第1次選考に合格した者
*第1次選考合格通知を受け取る前に応募手続きをすることはできません。

2. 提出書類
(1) 在外公館が発行した「第1次選考合格証明書」のコピー
(2) 「日本政府奨学金留学生申請書」のコピー

(3) 「配置希望大学申請書」のコピー
(4) 「専攻分野及び研究計画」のコピー
(5) 学位取得(見込)証明書
(6) 成績証明書
(7) もしあれば、語学能力を証明するもの(日本語能力試験、TOEFLなど)
*(2)〜(4)は在外公館の受理印の押されたものに限る
*(5), (6)は日本語もしくは英語によるもの

3.希望する専攻・指導教員の選定
下記ウェブサイトなどを参考にして、指導を希望する専攻・指導教員を決めて下さい。
 国際言語文化研究科HP教員紹介(日本語)
 http://lang.nagoya-u.ac.jp/staff.html
 Global 30「比較言語文化プログラム」教員紹介(英語)
 http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/G30/clc/faculty.html
*Global 30「比較言語文化プログラム」を希望する場合は、下記「7.その他」も参照してください。

4. 応募方法
上記提出書類一式、希望する指導教員・専攻、そして連絡先を添えて、(1)電子メールまたは(2)郵送にて提出してください。
(1) 電子メールの場合
提出書類全てをPDFの添付ファイルにして、表題は「文部科学省奨学金」として送信してください。
送付先:名古屋大学国際言語文化研究科留学生相談室
prospective[at]lang.nagoya-u.ac.jp (atを@にしてください)
(2) 郵送の場合 (配達状況の確認できるEMSなどに限る)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町B4-5(700)
名古屋大学文系教務課 国際言語文化研究科留学生担当 立藤宛

5. 提出期限
2016年8月31日(水) 17:00(日本時間)【必着】

6.審査結果
審査が終了次第、電子メールにて申請者に結果を通知します。

7.その他
Global 30「比較言語文化プログラム」への入学を希望する方は、以下のURLを参照し、予め受験時期や受験資格を確認してください。
http://admissions.g30.nagoya-u.ac.jp/en/Program/graduate/admissions/
*「Global 30」ホームページ
http://admissions.g30.nagoya-u.ac.jp/en/

8.問い合わせ先
名古屋大学国際言語文化研究科留学生担当講師 伊東章子
E-mail:itoh-a[at]lang.nagoya-u.ac.jp (atを@にしてください)

問い合わせ  prospective*lang.nagoya-u.ac.jp
  *を@に変更してお送りください。